10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

ヒョンデ・モータースポーツの新社長にショーン・キム氏が就任。WRCやETCRプログラムを管理

WRC
as-web.jp

 ヒョンデは4月8日、ショーン・キム氏が同社のモータースポーツ活動の運営・管理を担う、ヒョンデ・モータースポーツGmbH(HMSG)の新社長に就任したことを発表した。

 韓国人のキム氏は、経営陣の定期的なローテーションの一環として、前社長で過去4年間に多くの成功を収め韓国のヒョンデ本社で新しいポジションに就くスコット・ノー氏の跡を引き継ぐ。

 ノー前社長の在任中、ヒョンデ・モータースポーツはWRC世界ラリー選手権で2019年からマニュファクチャラー選手権2連覇を達成した。また、WTCR世界ツーリングカー・カップにおいても2018年から2年連続でワールドタイトルを獲得。さらに、今季からFIAシリーズのeツーリングカー・ワールドカップとして開催される電動ツーリングカー選手権、ETCRに初年度から参入し電動モータースポーツにおけるヒョンデの新時代を切り開いている。

「ヒョンデ・モータースポーツという強力なチームで一緒に働くことができ、多くの思い出深い時間を共有できたことは、私にとって素晴らしい機会と経験だった」と語ったノー氏。

「このチームをWRCでふたつのコンストラクターズチャンピオンに導くことができたのは光栄だ。アルゼナウ(ドイツ、HMSGの拠点)で過ごした楽しい思い出を胸に、新らしいチャレンジのため私は韓国に戻る」

 新社長として今後のヒョンデ・モータースポーツを率いていくキム氏は、“ラリー1”レギュレーションの下でハイブリッド化を全面に押し出したWRCでの活動やWTCR、ETCR、その他カスタマーレーシングの各プログラムのマネジメントに携わる予定だ。

 彼は2000年初頭からヒュンダイで勤務しており、アルゼナウでプラットフォームや車両開発の部門で20年以上の経験を積んでいる。最近のキャリアにはヒュンダイ・モータスポーツによるWRC参戦の4年前から行われていたマシン開発が含まれる。

 キム新社長は、「スコット(・ノー)からヒョンデ・モータースポーツの社長の役割を引き継ぎ、彼が過去4年間にわたって見事にマネジメントしてきた仕事を継続できることをうれしく思う」と述べた。

「私は幸運にも2014年のWRC参入に備えたラリーカー開発に携わることができ、会社が大きく成長するのを何年も見てきた」

「WRCのハイブリッド技術やETCRによるEVレースは、私たちのモータースポーツとハイパフォーマンス・ロードカーの間に関連する技術移転を生み出しており、いまこの時がヒョンデ自動車ブランドにとってエキサイティングな時期であると考えている」

ヒュンダイ・モータースポーツGmbHの新社長に就任したショーン・キム氏
ヒョンデ・モータースポーツGmbHの新社長に就任したショーン・キム氏
スコット・ノー前社長(左)とチームマネージャーのパブロ・マルコス(右)

 

スコット・ノー前社長(左)とチームマネージャーのパブロ・マルコス(右)

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS