10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

WRCクロアチアがエントリーリスト発表、ポイントリーダーのロバンペラ選手が2年連続で先頭走行に

WRC

福永修選手がシュコダ・ファビア・ラリー2で初参戦

WRC第3戦ラリークロアチア(4月21~24日、ターマック)が、2022年のエントリーリストを発行しました。トヨタのカッレ・ロバンペラ選手が、2年連続で選手権リーダーとしてクロアチアを迎えることになります。また、昨年10月の交通事故による負傷で戦線を離脱していたピエール‐ルイ・ルーベ選手が、Mスポーツ・フォードからラリー1復帰戦に臨むことも明らかになりました。

3月28日に公開された公式エントリーリストでは、トップにロバンペラ選手の名前が挙がり、初日はスタート順トップでの走行となります。これに加えてトヨタはエルフィン・エバンス選手とエサペッカ・ラッピ選手をエントリー。ラッピ選手はトヨタGRヤリス・ラリー1での2度目の参戦となります。

ラッピ選手がエントリーしていることで、今季マシンをシェアするプログラムを発表している、昨年のクロアチア覇者セバスチャン・オジエ選手は出走しないことになります。一方で、勝田貴元選手は4台目のGRヤリス・ラリー1でエントリーしています。

ルーベ選手とともにMスポーツ・フォードからフォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1で参戦するのは、同郷フランスのアドリアン・フルモー選手と、クレイグ・ブリーン選手、ガス・グリーンスミス選手。ルーベ選手はMスポーツ・フォードからの参戦はこれが初となり、3月上旬にはWRCクロアチアの準備としてサウスベルギーラリーにも参戦しています。

ヒョンデは3戦連続で同じラインナップ。選手権ランキングでチーム最上位につけるティエリー・ヌービル選手がスタート順2番手。オリバー・ソルベルグ選手、オィット・タナック選手はそれぞれ7番手、8番手からヒョンデi20 Nラリー1をドライブします。

WRC2選手権には29台がエントリー。現在ランキング首位に立つアンドレアス・ミケルセン選手が今回はスキップするため、エリック・カイス選手とヤリ・フッツネン選手のフォード勢、シトロエンのヨアン・ロッセル選手、エリック・カミリ選手、ステファン・ルフェーブル選手のシトロエントリオがトップ争いを展開すると予想されています。

さらにポーランドの強豪、カエタン・カエタノビッチ選手が今シーズンWRC2初参戦。2021年のWRC3でシリーズ2位に入った時と同じ、シュコダ・ファビア・ラリー2 EVOをドライブします。また、この大会には全日本ラリー選手権でシュコダ・ファビアR5を駆る福永修選手(写真)/齊田美早子選手もエントリー。最新型のマシンをレンタルして、ヨーロッパのターマックWRCイベントに初挑戦します。

福永選手は「国際ラリーでのターマックは初めてですが、初心に返って得意なターマックからやろうと考えました。まったく知らないクルマではないので、気分的には楽ですね。全日本のJN-1クラスで自分のチームだけが国際ラリーも含めて、知識が乏しいと思っています。新井敏弘選手や奴田原文雄選手は海外ラリーを経験していますが、僕はFIA格式ラリーの経験があまりに少ない。今回の参戦で得られたノウハウをチームにフィードバックできるという狙いもあります」と意気込みを語っています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:Naoki Kobayashi、TOYOTA

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS