【動画】トヨタ、GRヤリスで今年初のグラベルテストを実施。ドライバー目線の迫力映像も公開/WRC

WRC
as-web.jp

 WRC世界ラリー選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racing WRTは3月21日、チームの公式Twitter(@TGR_WRC)を更新し、トヨタGRヤリス・ラリー1で2022年最初のグラベルテストを実施したことを明らかにした。

 単一仕様のプラグイン・ハイブリッドシステムの搭載が義務付けられた“新時代のWRC”において、トヨタはラリー1規定での初陣こそ落としたものの、第2戦スウェーデンでは21歳のカッレ・ロバンペラが優勝し選手権リーダーに浮上した。また、チームとしても同ラウンド記録したロバンペラとエサペッカ・ラッピによるワン・スリー・フィニッシュによって、第2戦終了時点でマニュファクチャラーランキングの首位に立っている。

 そんなトヨタが第4戦ポルトガル以降のグラベル(未舗装路)ラリー連戦に備え、GRヤリス・ラリー1でのテストを開始した。テスト地は第5戦イタリアの舞台でもあるサルディニア島だ。

 TOYOTA GAZOO Racing WRTは22日にもSNSを更新し、ロバンペラのヘルメットに取り付けられた“ヘルメット・カム”の映像を公開。前戦のウイナーであり、第3戦クロアチアにランキングトップで臨むロバンペラがヘルメットを被るシーンから、クルマに乗り込んでテストを行い、走行を終えるまでの様子を見ることができる。ドライバー目線のインカー映像は要チェックだ。

 

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS