10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

WRC開幕2戦を終えて、FIAがラリー1に関するスポーティング規定を変更

WRC

ラリー1のトラブル時の退避スペースに「HEV」マーク

FIA(国際自動車連盟)は、3月19日にバーレーンにおいて2022年最初の世界モータースポーツ評議会(WMSC)を開催。各カテゴリーに関する様々な事項が決定されました。

WRCに関しては、今季から導入されたラリー1マシンについて、開幕戦ラリーモンテカルロと第2戦ラリースウェーデンで得られた知見と評価をベースに、スポーティング規定の調整を目的とした、一連の提案書が承認されています。

具体的な内容としては、ラリー1マシンのハイブリッドシステムに問題が発生した場合、ドライバーとコ・ドライバーがステージ上で支援を受けることのできる退避場所を特定できるよう、青地に黒の「HEV」の文字が入ったサインを作成しました。

また、ハイブリッドユニットに関する安全上の問題でリタイアした場合、再スタート時のペナルティは通常の『走行できなかったステージごとに10分』ではなく、『走行できなかったステージごとに2分』へと軽減されます。

そのほか、ラリー1マシンの初期開発のサイクルに基づいて、FIAとメーカーの間で協議が行われた結果、2022年シーズンに追加のテスト日が割り当てられました。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:TOYOTA、FIA

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS