WRC「ラリーニュージーランド」、国境規制解除で海外からの観戦客受け入れ歓迎モード

WRC

専門家がアレンジする観戦ツアーも企画

ニュージーランド政府が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために行っていた国境規制を解除したことで、今季のWRC第11戦として9月29日〜10月2日に開催が予定されているラリーニュージーランド(グラベル)の主催者は、海外からのラリー観戦客を歓迎できることになり、大いに盛り上がっているようです。

ニュージーランドにとっては、このラリーニュージーランドが国境規制解除後初の世界的なスポーツイベント。ラリージャパン同様、2021年にもWRCカレンダー復帰が決まっていましたが、ウイルス感染拡大の影響を受けて、開催を断念していました。

「ラリーニュージーランドには、参戦者、チーム関係者、メディア、主催者など1000人近くの人々が訪れる予定です。国境が開放されたことで、海外からのラリーファンのみなさんをオークランドに歓迎できることになりました。その日が待ち切れません」と語るのは、ラリーニュージーランドのCEO、マイケル・ゴールドステイン氏。

「主催者のパートナーにはラリーツアー専門の会社もいるので、オークランドとニュージーランドへの訪問を思い出深い旅にしていただくため、海外のファンの方々からの問い合わせを受けてもらうよう依頼しています。ニュージーランドでのWRC開催は10年ぶりとなりますが、新しい世代のモータースポーツファンのみなさんに、世界最高のステージで世界最高のドライバーたちの戦いをご覧いただけることを、楽しみにしています」

ラリーニュージーランドでは、すでに限定早割のチケット「Rally Gold Pass」の販売をイベント公式サイトで開始しています。また、ゴールドステイン氏の説明にもあったように、海外からの観戦客に向けて、イベントの公式ツアーパートナーを通じ、ラリーニュージーランドの魅力を存分に味わえるようにカスタマイズしたツアーパッケージを紹介しているとのことです。

ラリーニュージーランド公式サイトhttp://www.rallynewzealand.com

イベント公式ツアーパートナーhttps://www.wrctoursnz.com

協力:RALLYPLUS.NET 写真:RoNZ / Geoff Ridder

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS