WRCを全戦放送するJ SPORTが、『ラリージャパン2022』メディアパートナーに決定!!

WRC
motor-fan.jp
トヨタは昨シーズン、悲願のドライバーズ/コドライバーズ選手権、マニュファクチャラーズ選手権の3冠獲得を獲得した。(PHOTO;TOYOTA)
国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(以下、「J SPORTS」と略)は、2022年 1月20日に開幕する世界最高峰ラリーの『WRC世界ラリー選手権(以下WRC)』を今シーズンも全戦徹底放送するとともに、PC、スマホ、タブレットで見られる『J SPORTSオンデマンド』(※1)でも放送同様に今シーズン全戦を配信することとなった。 またJ SPORTSは、今シーズン最終戦となる『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』(2022年11月10日~11月13日開催予定)を盛り上げるため、大会のメディアパートナーとなることを決定。『ラリージャパン』の開催を楽しみにしているモータースポーツファンへ放送を通じて情報を提供することで、大会の成功を応援していくという。
今年で開催50周年を迎えるWRC。今シーズンは車両規定が大幅に変更となり、100kWの電気モーターと100%持続可能燃料を使用するエンジンを組み合わせたハイブリッド・パワートレインを搭載する、まったく新しい『ラリー1規定マシン』が誕生した。節目の年に加え、ハイブリッド・マシンの誕生という大きな変革を敢行したWRCには、今、多くのモータースポーツファンの注目が集まっている。J SPORTSでは、この変革のシーズン初戦のSS1を生中継・ライブ配信し、新たなWRCと現地の雰囲気を視聴者にいち早くお届けするという。 また、昨シーズン覇者で6連覇を含む通算8度王者に輝いた、セバスチャン・オジェ選手が今シーズンはフル参戦終了を発表したことにより、ドライバーズタイトル争いは例年にない激戦が予想されている。優勝候補筆頭は、昨シーズンを2位で終えたトヨタのエルフィン・エバンス選手。そして、そのチームメイトで参戦2年目のカッレ・ロバンペラ選手。ヒュンダイから3シーズンぶりに王者を狙うオィット・タナック選手や通算5度の2位獲得を果たしたティエリー・ヌービル選手たちも頂点を狙います。
エルフィン・エバンス選手(トヨタ)(PHOTO:FIA)
カッレ・ロバンペラ選手(トヨタ)(PHOTO:TOYOTA)
オィット・タナック選手(ヒュンダイ)(PHOTO:Hyundai)
ティエリー・ヌービル選手(ヒュンダイ)(PHOTO:WRC)
かつてないほどの注目を集める今シーズン。伝統のモナコ、『ラリー・モンテカルロ』に始まり、11月の『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』まで全13戦に渡って、世界中のあらゆる道を走破する戦いが繰り広げられる。新時代に突入するWRCの全戦を、今シーズンもJ SPORTSで楽しみたい。
また、「これを見ればWRCがもっと面白くなる」関連番組、『WRC 世界ラリー選手権 2022 ナビ』もBS放送無料番組(*2)として絶賛オンエア中のほか、WRC各戦の見どころを解説するコラム、『Mr.フクイのものしり長者 de WRC !』なども配信中。さらにJ SPORTSモータースポーツ公式twitterではハイライト動画など随時情報を投稿中だという。詳しくは番組サイトをチェックして欲しい。 *1:『J SPORTSオンデマンド』は有料サービスとなります。詳細は、『J SPORTSオンデマンド』で検索ください。 ※2:無料放送はBS放送で『J SPORTS』のご視聴が可能な環境の方のみが対象となります。

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS