勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

ラリージャパンは攻めていく。勝田貴元、自身初のWRC母国戦は「最初からプッシュしていきたい」

関連記事
as-web.jp

 先週末、スペインで開催されたWRC世界ラリー選手権第12戦『ラリー・スペイン』で完走を果たした勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、ラリー後のオンライン取材会において、次戦の『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』では序盤からスピードを求めていきたいと述べた。

 全13戦で争われる2022年シーズンの終盤戦、2年連続でピュア・ターマック(舗装路)ラリーとして行われたラリー・スペインで、日本人WRCドライバーの勝田は総合7位入賞を果たした。

 アーロン・ジョンストンとのコンビで同イベントに出場した勝田は、自身初の母国ラウンドに向け、ターマックでのクルマのフィーリングやセッティングの方向性などを確認しながらラリーを進めていった。その戦いの序盤には降雨によるグリップレベルの変化、インカットの影響、タイヤのパンクといった要因で後れを取ったものの、終盤には優勝を争うドライバーたちと遜色ないスピードを発揮し、ラリージャパンに向けて自信を深めていった。

■実際に走ってみないとわからない

 全体的にハイスピードなステージで構成されるWRCスペインと、狭路でスピードレンジも低いと考えられるラリージャパンではSSの性格が大きく異なるとみられている。それでも、得られるものはあったと勝田は言う。

「ステージのタイプは間違いなく日本とは違うと思います」と勝田。

「しかし、根本的なターマックでのドライビングの仕方とか、クルマのセッティングのもって行き方などは、基本的に同じ部分がある思います」

 テクニカル・セクションでのクルマの走らせ方や、プッシュの仕方、ステージに合わせたセッティングの仕方の部分は「良い学びになった」という彼は、これらが「間違いなく活きると思います」と付け加えた。

 一方、ラリージャパンのSSは初見のステージとなるため、相応の難しさがあることを認めた勝田。実際のところは「レッキ(競技数日前に行われるコースの下見)で見てみないと分からない」という。

 今季、史上最年少22歳でドライバーズチャンピオンを獲得したカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)のような一部の例外を除き、ラリーでは経験が非常に重要とされ、多くの場合それが強さにつながると考えられている。テクニックの引き出しが増えることでさまざまな状況に対処することができるほか、長年WRCを戦えばそれだけステージを知り、中にはすっかりSSのコースを覚えてしまうこともあるという。そのことのメリットは想像に難くない。

 では、反対に誰も経験していない初開催のラリーであればどうか。ここでもやはりドライビングの引き出しの多さは武器になると考えられるが、コースを知るという部分では全員がイコールコンディションとなる。11月に控えるラリージャパンはまさにその状況だ。

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加し、2022年のWRCにフル参戦している勝田貴元

■持ち込みセットを外すとかなり厳しい

 3年前にセントラルラリー愛知/岐阜を走っている勝田にしても、「本当に、走ってみないと分からない部分がすごく多い」と感じており万が一、持ち込みの車両セッティングを外した場合は「かなり厳しい」戦いになることを覚悟している。

 第11戦ニュージーランドと同様に、日本ラウンドもヨーロッパ圏外であるため事前のテストは許されていない。そのため当該大会に向けたセッティングは開催地でのテストを経ることなく組まれることになる。

 この場合、競技前のシェイクダウンでセットアップを詰めていくことになるが、勝田はある理由からこれが難しいと考えている。そういった面も含めたうえで彼は、「ジャパンでは初めからプッシュしていきたい」と語った。

「本当に、持ち込み(のセットアップ)を外したらかなり厳しいと思うので、そのあたりをシェイクダウンなどで詰めたいのですけど、アイテナリーを見る感じだと(競技ステージが)シェイクダウンとぜんぜん違うタイプと言いますか、名前だけ見ていくと林道じゃない気がするので……。そのあたりでうまく合わせられないんじゃないかと思います」と勝田。

「そうなっていったとき、様子を見すぎても離されてしまうと思うのでラリージャパンに関しては、今年初めて走ったニュージーランドなど他のラリーよりも、もっとリスクを持って、ラリーの最初からプッシュしていきたい思っています」

「ただし、いたずらにオーバープッシュしてもミスにつながってタイムを失うだけですし、またクルマのフィーリングやセッティングはすごく小さな部分でも影響してくるので、その部分ではいいところを探さないといけないかなと思います」

 2022年は開幕戦モンテカルロから9戦連続で入賞を果たす抜群の安定感をみせてきた勝田。その中で、第6戦サファリでは3位となり、自身2度目の表彰台を獲得してみせた。シーズン終盤戦にかけては、クルマをフィニッシュまで運ぶ確実性を持ったままトップドライバーに並ぶスピードを得るドライビングの確立に挑んでおり、その真価がラリージャパンで披露されることに期待したいところだ。

整備を受けるトヨタGRヤリス・ラリー1(勝田貴元/アーロン・ジョンストン組)2022年WRC第12戦ラリー・スペイン
インカットによって土や砂が書き出されたコーナー部。ラリージャパンではこういった場所は少ないと思われる

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS