勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

ラリージャパンを映画館の大画面で体感できるライブビューイング、全国5都市で開催決定

関連記事
as-web.jp

 10月25日、ライブ・ビューイング・ジャパンは、来月11月10~13日に開催されるWRC世界ラリー選手権最終戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』のライブビューイングを、全国5都市の映画館で実施すると発表した。

 このライブビューイングは、12年ぶりのWRC日本ラウンドとして、愛知県と岐阜県で開催されるラリージャパン2022の生中継を映画館の大画面で楽しむことができるもの。中継映像は、年間を通じてWRCの放送を行っているJ SPORTSが提供する。

 今年も1月に伝統のモンテカルロで開幕したWRCは、この2022年シーズンから新たに導入されたプラグイン・ハイブリッド規定車“ラリー1カー”によってここまで12戦が行われ、先週末のラリー・スペインでトヨタがマニュファクチャラーズタイトルを獲得。

 また、その前戦の第11戦ニュージーランドでは、『トヨタGRヤリス・ラリー1』を駆るカッレ・ロバンペラがWRC史上最年少22歳でドライバーズチャンピオンとなり、同時にヨンネ・ハルットゥネンがコドライバー選手権を制している。このため、トヨタにとって母国ラリーであるラリージャパンは、シリーズ3冠王者の凱旋イベントとなる。

 そんなラリージャパンを映画館の巨大スクリーンで楽しむことができるライブビューイングは、北海道をはじめ、東京、神奈川、大阪、福岡の5都市で開催される。上映は大会期間と同じく4日間となり、初日デイ1は豊田スタジアムで行われるセレモニアルスタートとオープニングステージのSS1“鞍ヶ池公園”の模様が届けられる。

 競技2日目のデイ2はSS5~SS7、デイ3はSS12~SS14、最終日のデイ4は最終パワーステージのSS19“旭高原2”が生中継される予定だ。

 チケット販売は10月26日(水)正午から、イープラス(https://eplus.jp/rally-japan-lv/)と全国のファミリーマートで先着順にて行われる。料金は各日3800円(税込/全席指定)だ。なお、チケットの申込みはひとりにつき4枚までとなっている。

オット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第12戦ラリー・スペイン
クレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第12戦ラリー・スペイン

■フォーラムエイト・ラリージャパン2022 ライブ・ビューイング

会場:北海道、東京都、神奈川県、大阪府、福岡県の映画館
・札幌シネマフロンティア
・イオンシネマ 江別
・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
・TOHOシネマズ ららぽーと横浜
・大阪ステーションシティシネマ
・TOHOシネマズ ららぽーと福岡
 上映映画館情報 https://liveviewing.jp/rally-japan2022/
料金:各日3800円(税込/全席指定)
 ※3歳以上有料/3歳未満で座席をご使用の場合は有料
 ※プレイガイドでチケットをご購入の際は、チケット代以外に各種手数料がかかります。
チケットスケジュール/お申込み:【一般発売(先着)】2022年10月26日(水)12:00~11月9日(水)12:00
・イープラス:https://eplus.jp/rally-japan-lv/
・全国のファミリーマート店舗
 ※お申込みは、おひとり様につき4枚までお申込みいただけます。
 ※一般発売は先着順となりますので、予定枚数に達し次第受付を終了いたします。
プログラム:
デイ1 セレモニアルスタート 豊田スタジアム/SS1 鞍ヶ池公園
 上映日時:2022年11月10日(木)16:20開演
デイ2 SS5~SS7(SS5 伊勢神トンネル2/SS6 稲武ダム2/SS7 設楽町R2)
 上映日時:2022年11月11日(金)13:00開演
デイ3 SS12~SS14(SS12 三河湖2/SS13 岡崎市1/SS14岡崎市2)
 上映日時:2022年11月12日(土)13:30開演
デイ4 SS19(パワーステージ 旭高原2)
 上映日時:2022年11月13日(日)13:30開演
※豊田スタジアムでのセレモニアルフィニッシュ(表彰式)の上映はございません。

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS