勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

『WRCジェネレーションズ』収録車両、勝田貴元のプレイ動画が公開。Switch版も登場へ

関連記事
as-web.jp

 10月20日、3gooは今年11月に発売される人気ラリーゲームの最新作『WRCジェネレーションズ』の収録車両を一部公開するとともに、WRC世界ラリー選手権にフル参戦している日本人ラリードライバー勝田貴元による試遊動画を“ゲームプレイトレーラー”として公開した。

 WRCジェネレーションズは、FIA国際自動車連盟の公式ライセンスを受けたラリーレーシングゲームで、この2022年シーズンに対応したシリーズ最新作だ。なお、前作までは『WRC10 FIA世界ラリー選手権』のようにナンバリングタイトルとなっていた。

 新たに“ジェネレーションズ”を名乗る今作の特長は、他ユーザーと競いながら6段階のカテゴリーで頂点を目指すリーグモードの搭載と、最新のプラグイン・ハイブリッドシステムを備えたラリー1カーを収録し、ゲーム内でハイブリッドブーストを体験できるようになった点だ。

 20日に公開されたゲームプレイトレーラーの中で、勝田はハイブリッドの再現が「見事です」と語り、「本物とまったく同じ感覚です。スロットルの開け方が乱暴だとホイールスピンしてコントロールを失ってしまいます」と続けている。

 また同日のアナウンスでは、2022年シーズンのWRCを戦うトヨタGRヤリス・ラリー1、ヒョンデi20 Nラリー1、フォード・プーマ・ラリー1などの現行マシン加え、トヨタ・セリカGT-FOUR、スバル・インプレッサWRC、ミツビシ・ランサーエボリューションV、ランチア・ストラトスHFなど、WRCファンを熱狂させた計37台に上る伝説のマシンを収録することが明らかにされた。

 既報のとおり、前作に続きラリージャパンの収録、コドライバーが読み上げるペースノート音声が日本語されたWRC公式タイトルとなる『WRCジェネレーションズ』は、プレイステーション5およびプレイステーション4版が11月10日から発売される。これに加えてNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版のリリースも決定し、こちらは12月15日発売予定となっている。価格はいずれも税込5280円だ。

『WRCジェネレーションズ』はPS5/PS4版が11月10日発売。Switch版は12月15日に発売される

■商品概要

タイトル:WRCジェネレーションズ
対応機種:PlayStation®5/PlayStation®4/NintendoSwitch™
ジャンル:ラリーレーシング
CERO:A(全年齢対象)
対応言語:【テキスト】日本語、英語、中国語(簡体字/繁体字) 【音声】日本語、英語
発売日:
  PlayStation®5/PlayStation®4 2022年11月10日(木)
  Nintendo Switch™ 2022年12月15日(木)
価格:税別4800円(税込5280円)
発売元:株式会社3goo
製品紹介ページ:https://www.3goo.co.jp/product/wrc-g/

WRC Generations ©2022 Nacon. Published by Nacon. Developed by Kylotonn Games. “WRC” and the WRC logo are registered trademarks of the Fédération Internationale de l’Automobile. The manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Published and distributed by 3goo K.K. in Japan.

■『WRCジェネレーションズ』ラリージャパン ゲームプレイトレーラー

スバル・インプレッサWRC 1997
ミツビシ・ランサー・エボV 1998
ランチア・ストラトスHF 1974

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS