勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

元F1王者バトンがデビュー。NitroRX第3戦は開幕勝者ラーソンを降し、初代王者パストラーナが勝利

関連記事
as-web.jp

 北米開催の選手権として産声を上げ、創設2年目となる2022年から当初計画どおり“グローバル・シリーズ”へと変貌を遂げた『Nitro Rallycross(ナイトロ・ラリークロス/NitroRX)』第3戦が、10月1~2日に母国アメリカはミネソタ州ミネアポリスにあるERXモーターパークで開催され、欧州連戦を終えた地元初戦で、初代シリーズチャンピオンにも輝くトラビス・パストラーナが2022-23年シーズンの初優勝をマーク。強豪ドレイヤー&レインボールド・レーシング・ウィズ・JCレーステクニーク(DRR JC)から参戦のロビン・ラーソンとアンドレアス・バッケルドを撃破し、開幕連勝を飾ったDRR JC陣営を自ら止める勝利を飾った。

 シリーズ発起人としてチャンピオンシップのグローバル化に奔走したパストラーナは、その初年度となる2022年に向け、ワンメイク・フルエレクトリックSUVによるグループEクラスを最高峰に据えることを決断。モーター出力約800kW(約1070PS)、最大トルク1100Nmを誇り、0-100km/h加速わずか1.4秒をマークする新開発電動車両『FC1-X』の導入を実現させた。

「世界でもっとも速く、もっとも有能なラリークロス車両」というシリーズの触れ込みどおり、350mmの最大ホイールトラベル量により抜群のトラクション性能を発揮する専用車両は、前述のとおり1000PSを超えるピークパワーにより180マイル(約290km/h)の最高速をマークする圧巻の性能を誇る。

 前戦スウェーデンでは、北米トップチームとしてモンスターエナジー・RXカルテルを運営するDRR JCが招聘したWorldRX世界ラリークロス選手権4冠王者ヨハン・クリストファーソンの参戦が話題となったが、この北米ラウンドより欧州2戦で代役を務めた元WRC世界ラリー選手権レギュラーのクリス・ミークに代わり、このオフにもエキサイトエナジ・レーシングと参戦契約を結んでいた元F1王者ジェンソン・バトンが、ついにシリーズデビューを飾ることとなった。

 こうしてエントリー10名の顔ぶれで初日土曜に用意された2回のプラクティス、そして“バトル・ブラケット”と称されたノックアウト制の3ヒートや“ブラケット・ファイナル”が実施される予定だったが、その最初のプラクティスでまさかの連続アクシデントが発生。

 ここで前戦勝者バッケルドと、ジャマイカ出身フレイザー・マッコーネルの2台が立て続けにバレルロールを演じてマシンを大破させ、後者はコース外のハザードに水没する事態に。すぐさまメディカルによりその場で応急処置を受けたふたりだが、とくに肩の痛みを訴えたバッケルドの状態もあり、メディカルセンターを経て市内近郊の救急病院で治療を受けることとなった。

欧州2戦で代役を務めた元WRC世界ラリー選手権レギュラーのクリス・ミークに代わり、このオフにもXite Energy Racingと参戦契約を結んでいた元F1王者ジェンソン・バトンが、ついにシリーズデビュー
初日午前にはアンドレアス・バッケルドと、ジャマイカ出身フレイザー・マッコーネルの2台が立て続けにバレルロールを演じてマシンを大破させる事態に。だが日曜には元気な姿を見せた
日曜のセッション開始時には、名門Olsberg MSE AB(OMSE)から参戦のケビン・エリクソンがリタイアに

■大クラッシュのマッコーネルが復活の表彰台

 これにより8台で争われた初日は、チームメイトの不在を補うべく奮闘したラーソンが首位に立ち、名門オルスバーグMSE AB(OMSE)から参戦のケビン・エリクソン、そしてチャンピオン率いるバーモント・スポーツカーのパストラーナが続く展開に。一方、注目されたバトンもチームメイト兼代表のオリバー・ベネットを上回る走りを披露するなど、上々のラリークロス本格デビュー初日を終えた。

 明けた日曜も各予選ヒートからセミファイナル、さらに敗者復活LCQのセッションと進んでいくなか、車両修復……というより完全な再構築に近い作業を完遂したDRR JCクルーの尽力もあり、バッケルドとマッコーネルもメディカルの許可を得て戦線に復帰する。

 すると、そのオープニングヒートで今度はケビン・エリクソンがロールを喫し、車両修復可能な損傷状態ながら、エリクソン自身が日曜からの競技撤退を決断。セミファイナル敗退からLCQに回ったバトンも、僚友ベネットにわずかに届かず。8台が出走するファイナルは、パストラーナ、ラーソンのフロントロウ以下、マッコーネル、コナー・マテル(るバーモント・スポーツカー)、バッケルド、オリバー・エリクソン(OMSE)、そしてベネットに加え、地元ワイルドカードのアンドリュー・カールソン(DRR JC)のラインアップとなった。

 そのファイナルに向け、ターマックのグリッドから並んでスタートを切った先頭2台は、グラベル突入後のヘアピンに向け初代王者がブレーキングゾーンでインサイドを抑えると、後続を完全ブロックする“超スロー”なボトムスピードでインベタのラインをキープする。

 これでラーソンの機先を制したパストラーナは、ファステストラップを連発しながら最終周のジョーカーもクリアし、振り返ることなく3.793秒のマージンを築いてチェッカー。約1年前の2021年にタイトル獲得を成し遂げたERXモーターパークで、今季初勝利を手にすることに。

 2位ラーソンの背後には、土曜に喫した恐怖のクラッシュを乗り越えたマッコーネルとバッケルドが続き、こちらも今季初のファイナル進出を決めたベネットのトップ5となった。

 この後も北米開催の続くNitroRXは、10月29~30日にカリフォルニア州のグレンヘレンで第4戦を実施。そして11月12~13日にアリゾナ州フェニックスでの第5戦を迎え、同イベントには2020年のNASCARカップ・シリーズ王者でもあるチェイス・エリオットの”カメオ出演”も予定されている。

ファイナルでは、スタート直後のヘアピンで主導権を握ったトラビス・パストラーナが、実質的に勝負を決める展開に
盟主パストラーナが、アメリカ凱旋のファーストラウンドで勝利を飾る、千両役者ぶりを見せつけた
デビュー戦では惜しくもファイナル進出を逃したジェンソン・バトン。続くカリフォルニア州のグレンヘレンで第4戦にも出場予定だ

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS