勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

WRカーが愛知県庁前を走った! 1カ月後に迫った『ラリージャパン』のPRイベントが週末開催

関連記事
as-web.jp

 10月1日、ラリージャパン事務局はおよそ1カ月後に迫ったWRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』を盛り上げる事前PRイベント『1Month to go! RALLY JAPAN!(ワンマンストゥーゴー!ラリージャパン!)』を愛知県名古屋市の愛知県庁前特設会場で開催、本戦を前にいくつかの追加発表を行なった。

 自身でもラリー競技を楽しむという古屋圭司・衆議院議員(自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長)のイベント開会宣言の後に行なわれたメディア向け発表会では、観戦チケットを購入できなかったファンにもラリージャパンを楽しんでもらうべく、愛知・岐阜県内にパブリックビューイング会場を設定する(名古屋や豊田、岡崎、設楽および岐阜県恵那市内など10カ所以上)ことや、ラリージャパンを盛り上げるスペシャル応援団に全日本ラリー“9冠王者”勝田範彦、および東海地方のテレビ局アナウンサー5名、地元名古屋出身のアーティスト「ソナーポケット」が新たに就任することなどが発表された。

 今回実施されたイベントは入場無料で誰でも参加できる催しとあって多くのファンや家族連れが来場し、歴史ある県庁の広場で行なわれたスペシャルライブやドライバートークショー、開催市町および公式グッズ販売の出展ブースなどを楽しんでいた。

 さらに県庁前の公道では新井敏弘、勝田範彦によるWRカーのデモランも行なわれ、訪れた多くのファンへ“ホンモノの走り”を披露した。

 勝田はトヨタ・ヤリスWRCを、新井は1998年のスバル・インプレッサWRCを走らせ、歴史的なシーンを演出。また往年のトヨタ・セリカやフォード・エスコートにランチア・デルタ、ニッサン・バイオレットといったクラシカルなラリーカーによるパレードランも実施された。

『1Month to go! RALLY JAPAN!』は明日2日(日)にも引き続き開催予定(11時から18時まで)。会場へのアクセス方法や最新情報など、詳しくはラリージャパン公式ページ(https://rally-japan.jp/news/news-and-topics/news-7452/)をチェックしてほしい。

古屋圭司議議員(自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長)による開会宣言
古屋圭司議議員(自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長)による開会宣言
古屋圭司議員と鈴木賢志ラリージャパン実行委員会長を中心に行なわれた発表会

 

古屋圭司議員と鈴木賢志ラリージャパン実行委員会長を中心に行なわれた発表会
県庁前の公道を封鎖して行なわれたWRカー2台によるデモラン

 

県庁前の公道を封鎖して行なわれたWRカー2台によるデモラン。勝田範彦がトヨタ・ヤリスWRCをドライブした
新井敏弘はスバル・インプレッサWRC98をドライブし訪れたファンを楽しませた

 

新井敏弘はスバル・インプレッサWRC98をドライブし訪れたファンを楽しませた
パレードランを実施して会場を盛り上げた往年のラリーマシンたち

 

パレードランを実施して会場を盛り上げた往年のラリーマシンたち
多くのファンが本物のラリーカー見に集まったサービスパークの様子

 

多くのファンが本物のラリーカー見に集まったサービスパークの様子
新井敏弘と勝田範彦によるドライバートークショー

 

新井敏弘と勝田範彦によるドライバートークショー
ラリージャパン事務局、フォーラムエイトらがブースを出展

 

ラリージャパン事務局、フォーラムエイトらがブースを出展
TOYOTA GAZOO Racingの出展ブース

 

TOYOTA GAZOO Racingの出展ブース
晴天にも恵まれ、多くのラリーファンや家族連れが来場した。イベントは10月2日(日)も開催される

 

晴天にも恵まれ、多くのラリーファンや家族連れが来場した。イベントは10月2日(日)も開催される

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS