勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【動画】ラリーカーの迫力に圧倒されるノリス。真横を駆け抜けるマシンに「気が狂ってる」

関連記事
as-web.jp

 ランド・ノリス(マクラーレン)は、自らが運営するブランド『Quadrant』のPR撮影の様子を自身のYouTubeチャンネルにアップした。この撮影でラリーカーとの共演を果たしたノリスは、その迫力に思わず圧倒されてしまったようだ。

 多忙なスケジュールのなかイングランド北部のカンブリア州にやってきたノリス。この日の彼の目的は、自身が運営するファッションブランドQuadrantの新商品と、そのPR動画の撮影を行うことだ。

 2022年夏のQuadrantのコレクションテーマは『オフロード』ということで、撮影ではラリーカーが大きくフィーチャーされた。バックアップするのは、なんとこのカンブリア州に本拠地を置く名門のMスポーツ。QuadrantカラーにラッピングされたMスポーツ仕様のフォード・フィエスタからは、ノリスの本気度が伝わってくる。

 ノリスいわく「イギリスで一番暑い日」となったこの日の最高気温は38度。モデルも務めるノリスは汗のシミが出ないように何度も衣装を着替えながら、フィエスタをバックに写真撮影を進める。

 そしていよいよクルーたちは、実際にラリーカーを走らせてのPR動画撮影に移る。ノリス自身の手によるドライブを期待したいところだが、「ボスに許してもらえなかった」ということで今回はお預け。ノリスにはラリーチームの代表という役どころが与えられた。

 この動画撮影でノリスにとって見せ場となったのが、彼が沿道で見守る横をラリーカーが駆け抜けるシーンだ。彼の立ち位置とマシンとの距離はほんの数メートル。恐怖でマシンが近づいてくる前から絶叫するノリスは、フィエスタが真横に差し掛かると思わず草むらに身をかがめてしまう。普段は時速300キロオーバーでの戦いを繰り広げるノリスだが、「なんであんなに速く見えるんだろう」と、ラリーカーの迫力に圧倒されたようだ。

 撮影を終えたノリスは改めて感想を問われ、「あれを人間が運転していると考えると気が狂ってるとしか思えない」とコメント。スタッフに「君にもできると思うけど?」と言われても「ノー。だって死にたくないもん。シンプルにね」と言い残し、この日を締めくくった。

 この日撮影された動画はQuadrantの公式YouTubeチャンネルで閲覧可能だ。なお、このPR映像の甲斐もあってか、Quadrantの新作商品はすでにほぼすべてが完売となっている。

Why does it look so fast?

We Made a CUSTOM Quadrant Rally Car!| OFF ROAD

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS