10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

チーム三菱ラリーアート、アジアクロスカントリーラリー2022にトライトンで参戦

関連記事

ダカールラリー勝利経験を持つ増岡浩が総監督に就任

三菱自動車工業が技術支援する「チーム三菱ラリーアート」が、2022年11月21〜26日にタイ~カンボジアで開催される「アジアクロスカントリーラリー(AXCR)2022」の参戦体制を発表しました。総監督はダカールラリーで2度の総合優勝経験を持つ増岡浩が務め、インドネシアとタイから3名のドライバーが参戦します。

「チーム三菱ラリーアート」は、インドネシアのスプリントラリー選手権王者のリファット・サンガー(インドネシア)と、タイのクロスカントリーラリーで優勝経験のあるチャヤポン・ヨーター(タイ)が、トライトン T1仕様(改造クロスカントリー車両)をドライブ。経験豊富なサクチャイ・ハーントラクーン(タイ)が同じくトライトンで、リファットとチャヤポンをサポートします。

同チームを運営するタントスポーツ(タイ)には、三菱自動車から増岡浩が総監督として参画するほか、開発部門のエンジニアがチームに帯同。テクニカルサポートを行う万全の体制でAXCR本番に臨みます。

チームは8月29~31日の3日間、タイ西部カンチャナブリーのオフロードコース「グランプリ・モーターパーク」に集結。3日間にわたる約1100kmの耐久試験を実施しました。

トライトンは、エンジンの軽量化とともに出力特性を見直してドライバビリティを向上、ツイスティなコースでは軽快なハンドリングを発揮しました。また、新たにデュアルダンパーを採用することにより路面追従性が向上し、走行安定性と悪路走破性が大幅に向上しています。

トライトンを初めてドライブしたリファットは、次のように好感触を語りました。

「ラリードライバーは異なるコーナーをいくつも駆け抜けていきます。だからこそ重要なのは、ドライバーの意のままの操縦性と走破性、悪路をものともしない高い耐久性と信頼性。そして、的確かつ迅速にナビゲートしてくれる優秀なコ・ドライバーの存在です。今回、『トライトン』は、悪路走破性と耐久性が飛躍的に高められていることを確認できました」

また、前回6月の耐久試験から引き続き参加したチャヤポンは、本番を想定したスピードで走行。本番に向けて手応えをつかんだようです。

「ラリーはスピードがすべてではありません。ドライバーとクルマとの一体感を極限まで高め、攻めるところと守るところ、緩急をしっかりコントロールしていくことが、勝利を収めるために重要なことです。私たちの『トライトン』は操作に対して、正確かつ俊敏に反応する素晴らしい仕上がりとなりました」

増岡浩総監督はドライバーラインナップについて、以下のようにコメントしています。

「実力あるドライバーを迎えることができ、光栄に思います。リファットはスプリントラリーでの実績は十分ですから、長丁場のクロスカントリーラリーの戦い方をチームとしてマネージメントすれば、良いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう」

「チャヤポンはクロスカントリーラリーでの経験も豊富で、乗るたびにパフォーマンスが上がっており期待が持てます。『トライトン』も2回の耐久試験を通じて問題点を洗い出し、それらを克服することができました。11月にシェイクダウンテストを実施して本番に臨みますが、私たちの『トライトン』はここまで順調に仕上がっており、ふたりのドライバーは力強くたくましい走りを披露してくれると思います」

協力:RALLYPLUS.NET 写真:MITSUBISHI

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS