10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

歴史に残る名勝負。タイトルを争うグロンホルムとローブがニュージーランドで激突【WRC Topic】

関連記事
as-web.jp

 2022年9月29日から10月2日にかけて、ラリー・ニュージーランドが10年ぶりにWRC世界ラリー選手権の一戦として開催される。そこで思い出されるのが、2007年のラリー・ニュージーランドで繰り広げられた、マーカス・グロンホルム(フォード)とセバスチャン・ローブ(シトロエン)のふたりによる大接戦だ。グロンホルムが0.3秒差でローブを下し優勝したそのラリーは、WRCの歴史に残る名勝負だった。

 2007年のニュージーランドは、シーズン第11戦として8月末から9月の第1週にかけて開催された。2007年は年間16戦という非常に長いシーズンで、グロンホルムとローブが激しくドライバー選手権を争っていた。

 第10戦までにグロンホルムが4勝を、ローブが5勝をあげ、ポイントも実力も伯仲状態。グロンホルム駆るフォード・フォーカスRS WRC07はその年非常に戦闘力が高く、シーズン中盤のグラベル(未舗装路)イベントで3勝を飾るなど、タイトル獲得に向けてグロンホルムは気合いが入りまくっていた。

 一方のローブも、シトロエンC4 WRCでグラベルイベントを3戦連続で制し、ニュージーランドではどちらが勝ってもおかしくない状況。実際、ふたりはレグ1からベストタイム合戦を繰り広げ、レグ2が終了した時点でローブが首位、それを1.7秒差でグロンホルムが追う接戦となった。

3冠王者としてシリーズ4連覇を目指していたセバスチャン・ローブ
3冠王者としてシリーズ4連覇を目指していたセバスチャン・ローブ

 

 最終日のレグ3も僅差の戦いが続き、最終ステージを前に首位グロンホルムを0.7秒差で2位ローブが追う展開に。ローブは渾身のアタックでベストタイムを記録するも、グロンホルムの総合タイムに0.3秒届かず。勝利が決まった瞬間、グロンホルムはマシンの屋根に駆け上がり、絶叫しながら長い手をブンブンと振り回し、優勝の喜びを爆発させた。

 ニュージーランドでの劇的な勝利により、グロンホルムは5勝でローブに並び、ドライバー選手権のリードをさらに拡大。しかし、その後のラリーでローブが3勝を挙げたのに対し、グロンホルムは2回の2位が最上位。ローブがシリーズリーダーとなり、タイトル争いは最終戦のラリーGB(イギリス)までもつれ込んだ。そしてGBでグロンホルムは2位を獲得したが、3位でフィニッシュしたローブが4ポイント差で逃げ切り、4年連続でワールドチャンピオンに輝いたのだった。

 ちなみに、そのラリーGBをもってグロンホルムは現役を引退。フォードのエースの座を、その年3勝を飾るなど大きく成長したミッコ・ヒルボネンに禅譲したのである。

2007ラリー・ニュージーランドを制したマーカス・グロンホルム。2位となったセバスチャン・ローブとの差はわずかコンマ3秒差だった2007ラリー・ニュージーランドを制したマーカス・グロンホルム。2位となったセバスチャン・ローブとの差はわずかコンマ3秒差だった
2007年ラリー・ニュージーランドで勝利したマーカス・グロンホルムのフォード・フォーカスRS WRC072007年ラリー・ニュージーランドで勝利したマーカス・グロンホルムのフォード・フォーカスRS WRC07
セバスチャン・ローブ駆るシトロエンC4 WRCセバスチャン・ローブ駆るシトロエンC4 WRC
2007年WRC第11戦ラリー・ニュージーランドの表彰式。3位にはミッコ・ヒルボネンが入った2007年WRC第11戦ラリー・ニュージーランドの表彰式。3位にはミッコ・ヒルボネンが入った

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS