10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

日米欧の自動車の歴史100年にわたるクラシックカーを目撃できる【トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル2022】

関連記事
clicccar.com

■ラリーのトークショーやトヨタ7のエンジンパフォーマンスも

愛知県長久手市にあるトヨタ博物館は、「第33回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を2022年10月9日(日)に、愛・地球博記念公園で開催すると発表しました。

普段、走っている姿を目にすることがなかなかないクラシックカーが一堂に会するイベントであり、自動車文化の醸成と継承を目的に、地域に根ざしたイベントとして開催されています。

トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル
スタートの様子

2022年の今年は、10月にトヨタ博物館の分館である富士モータースポーツミュージアムが開館するのを記念して「モータースポーツ」をテーマに掲げています。

さらに、11月には愛知県内で「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」も開催されます。

同フェスティバルの目玉であるパレードでは、現在、WRCで大活躍中の勝田貴元選手の祖父・父である、長久手市内を拠点にラリーで活躍する勝田照夫さん、勝田範彦さん親子が先導するラリーカーに続き、30年以上前に生産されたクラシックカーが長久手市内を走行し、その勇姿が披露されます。

トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル
過去の公道パレードの様子

その公道パレードは、多くの人に沿道で応援してもらえるように、長久手の市街地を通過するコースになります。トヨタ博物館から愛・地球博記念公園まで、一般参加車両100台が長久手市内を走行するため、日米欧の自動車の歴史100年にわたる車列に圧倒されるはず。

会場である愛・地球博記念公園では、パレード参加車両の展示に加えて、勝田さんや関係者のトークショーが開催され、WRCの魅力や11月10日(木)から開催されるWRC最終戦「Rd.13 フォーラムエイト・ラリージャパン」の見どころについて語られます。

トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル
ゴールの様子

また、今年は、3年ぶりにトヨタ博物館から展示車両も出展。なかでも注目は、トヨタ7のエンジンパフォーマンスでしょう。

イベント展示ゾーンでは、レストア紹介、GRヘリテージパーツ関連の展示、交通安全啓発なども予定されています。

イベントの様子は、後日、トヨタ博物館公式YouTubeチャンネルとケーブルテレビ局「ひまわりテレビ(ひまわり11)」において配信されます。

新型コロナ感染防止対策として、愛・地球博記念公園会場では入場者数管理が実施されます。当日が愛知県への緊急事態宣言発令と重なるなどのような、感染を取り巻く情勢次第では、大幅な入場制限になりますので、必ず最新情報をトヨタ博物館ホームページで確認してください。

※上記写真は、すべて過去のイベントの様子です。

「第33回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」概要

●日時:10月9日(日) 9:30~16:00(入場無料)/雨天決行
※雨天の場合、内容が一部変更される可能性があります。
※悪天候など、諸事情により中止になる場合もあります。

●会場:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
※パレードは、8:45にトヨタ博物館から出発

●スケジュール:8:45~10:45  クラシックカーパレード/9:30~16:00 車両展示

(塚田 勝弘)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS