10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

クリストファーソンが電動化時代も“絶対王政”を継続。週末連勝で開幕3戦3勝/WorldRX第2-3戦

関連記事
as-web.jp

 9月3~4日にラトビアのリガでダブルヘッダー戦が実施された2022年のWorldRX世界ラリークロス選手権第2戦/第3戦は、今季よりふたたびフォルクスワーゲン・ディーラーチーム・バウハウスから参戦する“絶対王者”ヨハン・クリストファーソン(フォルクスワーゲンRX1e)が、週末完全制覇のダブルを達成。2022年より導入された電動最高峰クラス『RX1e』で開幕3連勝と、新時代でも“絶対王政”継続の強さを見せつけた。

 8月中旬にノルウェーのヘル戦で幕を明けた新生RX1eは、ツインモーターを搭載した500kW(約680PS)/880Nmを発生する新世代車両によるフルEVカテゴリーへと変貌。ファミリーチームのクリストファーソン・モータースポーツ(KMS)からエントリーするクリストファーソンを筆頭に、2019年王者ティミー・ハンセン(ハンセン・ワールドRXチーム/プジョー208 RX1e)擁するハンセン・ブラザーズや、北欧地域のSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権の強豪で、ラリークロスへの新規参入を表明したPWRレーシングが、新たにコンストラクション・イクイップメント・ディーラーチーム(CEディーラーチーム)としてエントリーするなど、実力派チームが顔を揃える。

 木曜の前夜祭を経て迎えた第2戦から、土曜1日のスケジュールにフリープラクティスからスーパーポール、そしてファイナルの全8セッションを実施する濃密な勝負が繰り広げられると、セミファイナル2のスタートで出遅れたクリストファーソンが3番手後退の窮地に陥る。

 しかし宿敵ティミーとKMSの僚友グスタフ・ベリストローム(KMS/フォルクスワーゲンRX1e)をなんとか捉えた 4冠王者が「ラッキー」と表現した勝利で逆転のファイナル進出を手にした。

 そのままポールシッターのケビン・ハンセン(ハンセン・ワールドRXチーム/プジョー208 RX1e)のバンパーをプッシュし、序盤の2周を“我慢した”クリストファーソンは、相手の動きを見極めた末に先手を奪って3周目にジョーカーラップへ。

 次のラップで首位ケビンも反応してジョーカーの消化へ向かったものの、形成逆転を阻止することはできず。クリストファーソンが地力の差を見せつける開幕連勝、WorldRXキャリア通算29勝目を手にした。

2019年王者ティミー・ハンセン(Hansen World RX Team/Peugeot 208 RX1e)は、週末を通じて弟の後塵を拝す

ヨハン・クリストファーソン(Volkswagen RX1e)が「ラッキー」と表現した勝利で逆転のファイナル進出を手にした

序盤の2周を”我慢した”クリストファーソンは、相手の動きを見極めた末に地力の差を見せつける開幕連勝、WorldRXキャリア通算29勝目を手にした

■「チーム全体にとって大きな挑戦だった」と開幕3連勝のクリストファーソン

「スーパーポールを獲得して以降、今日のほとんどを『反撃』に費やしたように感じているし、最後の最後でまたこれをやり遂げることができて本当にうれしい」と、逆転勝利の喜びを語ったクリストファーソン。

「決勝の早い段階でタイヤをセーブしておいたから、必要なときにまだタイヤが残っていた。違いを生むには『1周しかない』ことがわかっていたからね。ありがたいことに、その戦術が功を奏して週末ベストラップのひとつを記録することができた。普段ならもう今すぐお祝いしたいところだけど、まだ次のラウンドがあるし、集中し続けなければならないね。明日もお祝いできますように……」

 ケビンとティミーの兄弟を従え、盤石のパフォーマンスを披露したKMSのエースは、日曜の第3戦でも変わりやすいコンディションを克服する“引き出し”の多彩さを披露。ドライとなったセミファイナル2では「3番グリッドスタート」を選択し、宿敵ティミーを一時は5秒以上も突き放す圧巻のドライビングを見せる。

 この結果から、ファイナルに向けても「2番グリッド」を選択した王者は、オープニングのターン1こそ接触により大外を回った5番手スタートのケビンに先行を許すも、5周目に先頭走者がジョーカーに飛び込むと、このラップでフルプッシュのスパートを敢行。

 最終ラップでジョーカーから飛び出してきたフォルクスワーゲンがプジョーの前を塞ぎ、前日のリピートのような結末でクリストファーソンが逆転勝利を飾り、コンマ3秒弱の差でリガ通算6勝目、開幕3連勝を決めてみせた。

「なんて週末だ! とにかくダブルヘッダーは厳しいものだけど、今週末は天候が変動し、さらに厳しさが増したね。初のウエット条件でのドライビングに適応し、コンディションに合わせてセットアップを絶えず変更しなければならず、チーム全体にとって大きな挑戦だった」と、明かしたクリストファーソン。

「ここリガでは、すべてが細部にまでこだわった仕事を要求されるが、それが勝利に繋がることをまた証明できた。ケビンとはまたタフな戦いだったが、オーバーテイクに充分な時間が稼げて良かったよ」

 これで2日連続の2位フィニッシュとなったケビンは、選手権ポイントを41点として兄のティミーと同率のランク2位に浮上。ここから全戦でダブルヘッダーが続くWorldRXの第4戦/第5戦は、9月17~18日にポルトガルのモンタリグレで争われる。

明けた日曜第3戦もケビン・ハンセン(Hansen World RX Team/Peugeot 208 RX1e)との一騎打ちに

最終ラップでジョーカーから飛び出してきたフォルクスワーゲンがプジョーの前を塞ぎ、前日のリピートのような結末でクリストファーソンが逆転勝利を飾ることに

コンマ3秒弱の差で、クリストファーソンがリガ通算6勝目、開幕3連勝を決めてみせた

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS