10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

アウディ、ダカールラリーを戦う電動車を大改良『RS Q e-tron E2』で軽量化と空力強化を実現

関連記事
as-web.jp

 9月1日、アウディは2022年のダカールラリーに初参戦した電動駆動プロトタイプ・ラリーレイドカーを第2世代に進化させた『アウディRS Q e-tron E2』を発表した。ボディを刷新するなど先代から大幅な改良が行われたこの新型は、軽量化とエアロダイナミクスが強化が図られている。

 カルロス・サインツ、ステファン・ペテランセル、マティアス・エクストロームという3名のドライバーとともに、今年1月にサウジアラビアで開催されたダカールラリーに挑んだアウディ。初参戦ながら3台全車が完走を果たし、計4回のステージ優勝を果たした彼らは、目標とする2023年大会での総合優勝に向けて開発の手を緩めていない。

 開発プログラムの第2段階として行われたマシンの改良では、チーフデザイナーのアクセル・レフラーが「先代モデルと共通のボディパーツは一切使用していない」と言うように、その外観は大きく変わり、いかにもエアロダイナミクスを意識した形状となっている。

 なかでも特徴的なのは、薄さが際立つボンネットなどのカウル上面部分で、先代と比べると前後に向かってボディが大幅に絞り込まれているのがわかる。また、アウディの社内では“エレファントフット”と呼ばれていたフロントホイール後方からドアへとつながるフェンダーの一部も廃止された。

「砂漠でのラリーにおいても、エアロダイナミクスを過小評価すべきではない」と語るレフラーが担当した新しいボディは、空気抵抗を15パーセント削減することに成功。また、刷新されたボディはエアフローの最適化だけでなく軽量化、それにともなう重心の低下にも寄与している。

「新しいモデルでは、Bピラー左右に装着されていたリヤフードのアンダーフローが廃止され、複合素材の最適化したファブリック層と組み合わせ、改良された“レイアップ”と呼ばれる構造により重量を削減することに成功した」とレフラー。

 ダカールラリーT1U規則に属するプロトタイプの重量は、将来的には2000kgではなく2100kgとなるが、先代のRS Q e-tronはこの重量を超過していた。このため第2世代のマシンでは数十kgの軽量化が必要だったという。

アウディRS Q e-tron E2(手前)とアウディRS Q e-tron(奥)
アウディRS Q e-tron E2(手前)とアウディRS Q e-tron(奥)
アウディRS Q e-tron E2(左)とアウディRS Q e-tron(右)のボディ比較(俯瞰)

アウディRS Q e-tron E2(左)とアウディRS Q e-tron(右)のボディ比較(俯瞰)
アウディRS Q e-tron E2(左)とアウディRS Q e-tron(右)のボディ比較(サイド面)

アウディRS Q e-tron E2(左)とアウディRS Q e-tron(右)のボディ比較(サイド面)

■第2世代のマシンは10月のモロッコでデビューへ

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権で使用した2リットル直列4気筒TFSIエンジンと、ABB FIAフォーミュラE世界選手権で培ったEV技術を組み合わせたシリーズハイブリッド式のパワートレインについても効率化が図られた。

 アウディRS Q e-tron E2の電動ドライブトレインは、内燃エンジンと発電機から構成されるエネルギーコンバーター、高電圧バッテリー、前後アクスルに搭載された2基の電気モーターから構成されている。これらを制御するシステムは、初参戦した2022年のダカールラリーでその真価を発揮した一方、ある状況においては問題も発生した。

 そのひとつがジャンプ中や起伏が非常に激しい路面において、ホイールが地面と接しない状況だ。このとき短時間ではあるものの、レギュレーションで定められている出力制限の上限値を超えるという問題が発生していた。これを解消するため、アウディはふたつの個別の出力制限値を数ミリ秒以内に再計算し、出力の限界値内で正確に作動させる新しいオペレーション・ソフトウェアを導入した。

 ソフトウェア/アプリケーション/テストベンチ開発エンジニアのフローリアン・ゼムリンガーは、「以前は特定の状況下において、許容範囲に対して毎秒100倍以上のエネルギーがモーターに流れていた」と説明した。

「単純に、しきい値を数キロワット低く設定することもできたが、その場合、全体のパフォーマンスが低下してしまう。その代わりにパワーコントローラーに数多くのファインチューニングを施すことにした」

 制御システムを最適化したことにより、電動ドライブトレインの効率はさらに向上することとなった。このほかにも第2世代のアウディRS Q e-tronはコックピット内での操作性と、アクシデント発生時のホイール交換の作業性が改善されている。

 具体的には、コクピット内のディスプレイとコントロールが見直され、これまでひとつに集約されていた機能を、ステージ、ロード、エラー、セッティングという4つのシステムエリアに分けることで、状況に応じた操作性が向上した。

 また、タイヤ交換の作業性については、スペアホイールカバーを以前の大きなカバーに代わり、シンプルかつフラットで簡単に取り外しができるボディコンポーネントに置き換えたことで、よりスムーズな交換作業を可能としている。ロティフォームの新しい10本スポークホイールもこれに寄与する。

パートナーであるロティフォームの10本スポークホイール

パートナーであるロティフォームの10本スポークホイール

 アウディスポーツ・ビークル・オペレーション責任者のウーヴェ・ブリューリングは「私たちは、これまでに得られたすべての重要な教訓を、非常に短い時間でまとめた」とコメント。

「E2への進化は、アイデアの結晶だ」

「私たち開発チームの断固たる決意と、コスト効率の高い作業により、2回目のダカールラリーに参戦するための完璧な準備が整った」

 そのアウディRS Q e-tron E2は、10月1日から6日にかけて開催される『ラリー・ドゥ・モロッコ』でのデビューが予定されており、今年のダカールラリーを戦ったサインツ、ペテランセル、エクストロームという3人のアウディドライバーが、北アフリカ南西部で行われる砂漠のラリーに挑む。

アウディRS Q e-tron E2(フロント)

アウディRS Q e-tron E2(フロント)
アウディRS Q e-tron E2(リヤ)

アウディRS Q e-tron E2(リヤ)
テストを行うアウディRS Q e-tron E2

テストを行うアウディRS Q e-tron E2

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS