10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

不動のスペシャリスト、コペツキーが圧巻の地元戦10勝目「ただの数字に過ぎない」/ERC第7戦

関連記事
as-web.jp

 短いサマーブレイクを挟んでシーズン終盤戦を迎えた2022年ERCヨーロッパ・ラリー選手権第7戦は、チェコ共和国の名物ターマック戦『バウム・チェコ・ラリー・ズリン』が8月26~28日に開催された。

 週末を通じて悪天候に見舞われた難易度の高いステージ群に対し、地元出身の大ベテランで古典的“ターマック・スペシャリスト”と呼ぶに相応わしいヤン・コペツキー(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)が、ホームイベントで圧巻のドライビングを披露。チェコ・マイスターによる典型的かつ支配的なパフォーマンスにより、記録的な10回目の勝利を収めている。

 この第7戦の開催を前に、年間ランキングで2位につけていたシモーネ・テンペスティーニ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)の最終2戦へのエントリーが見送られたことから、序盤からシリーズを牽引してきたエフレン・ヤレーナ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)の新チャンピオン獲得が決まった2022年のERCシーズン。

 そんな状況で迎えた第7戦の金曜予選ステージでは、チャンピオンシップ挑戦権のない地元スペシャリストが躍動。シュコダのエースが午前から最速タイムを叩き出すと、スタート順選択とズリン市街中心部でのセレモニアルスタートを経て、金曜夜のオープニングSSSでもステージ制覇を飾り、オーストリア出身のサイモン・ワグナー(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)や、同じくチェコが地元のフィリップ・マレシュ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)らを抑え、早くも主導権を握った。

「この種のステージでは、あまり多くを獲得することはできないが、多くを失う可能性はあるんだ」と、踏切越えも設定されたイベント初日の夜を終えたコペツキー。「僕らはコンマ1秒でも見つけ出そうとしているけれど、それはスーパースペシャルステージ(SSS)におけるゲームの一部に過ぎない。ベストを尽くしたし、最速だったのは良かったけれどね」

 明けた土曜午前のループも不安定な天候が続くと、雨量とグリップレベルが1km単位で変化する中、40歳のベテランはミディアムコンパウンドのカットスリックを装着。これが裏目に出て、SS2ではウエットタイヤを装着したライバルに遅れ5番手タイム。総合3番手に後退する。

 しかし続くSS3で爆発的な瞬発力を見せたコペツキーは、18.4秒差をつける圧巻のベストタイムで早くも首位の座を奪い返し、その後も3回のSSベストを記録して34.6秒差で本格ステージ初日を終えた。

 それでも「愚かなミスを犯したくないから、ペースを少しコントロールした。2回目のパスでは、午前中よりグリップがさらに悪いセクションがいくつかあったからね。そういう場所では、3速と4速でもアンダーステアが出る​​」と、余裕のコメントを残したマイスター。

 明けた日曜も不安定な天候がドライバーを翻弄し、大雨と水浸しのターマック路が続いたかと思えば、次のステージではドライコンディションと青空が広がるワインディング……そしてインカットで掘り起こされた土と泥が不意にグリップを奪う難しい条件が続く。

 この一貫性のないラリーステージで“Mr.コンシスタント”を貫いたコペツキーは、リスクを冒さず、ミスを犯さず、リードを維持することに専念。この日は一度もステージベストを記録することがなかったにも関わらず、後続のライバルをさらに引き離し、37.5秒の差をつけてフィニッシュランプへ。自身のホームラリーでキャリア10回目の優勝を手にしてみせた。

ヤン・コペツキー(シュコダ・ファビアRally2 EVO)が金曜夜のオープニングSSSでもステージ制覇を飾り、早くも主導権を握った

 

同じくチェコが地元のフィリップ・マレシュ(シュコダ・ファビアRally2 EVO)も、偉大な先輩を追う週末に

 

「地元の選手たちと戦えると感じたとき、前に出たいと感じた」と話したサイモン・ワグナー(シュコダ・ファビアRally2 EVO)は殊勲の3位に

 

トップ10で唯一のフィエスタとなったエリック・カイス(フォード・フィエスタRally2)は4位

■10勝到達は「僕の周りにいる人々のおかげ」と謙虚に語ったコペツキー

「コンディションが本当にクレイジーだったから、これはキャリアすべての中でもっとも困難な勝利のひとつだった。僕らにとってとても良い週末になったね」と落ち着いた表情で、記念すべき10勝目の喜びを噛み締めたコペツキー。

 2004年に賞典外のWRカー、シュコダ・ファビアWRCで出場し総合優勝を飾った記録も加えれば、前人未到のズリン11勝目を飾った男は、パワーステージのフライングフィニッシュ直後に見られるおなじみの“セレブレーション”を控え、クルマのルーフに登ることなく喜びを表現し、長年ともに戦うシュコダとチームに敬意を表した。

「それ(10勝到達)はただの数字に過ぎないんだ。もちろん、ここで成功を収めることができて本当にうれしいが、それはすべてチーム、コドライバー、そして僕の周りにいる人々のおかげなんだよ」と、その態度や行動だけでなく言葉でも謙虚さを示したラリーウイナー。

「成功には非常に多くの側面があり、条件が本当にクレイジーだったから、さっきも言ったとおり、これはおそらくもっとも困難な勝利のひとつだったと言わざるを得ない。とくに日曜はすべてのステージで本当に雨量が多く、路面状況はつねに変化していた。濡れた条件でインカットすれば、たちまち泥が路面に出てさらに滑りやすくなるしね」

 そのウイナーの背後には、初日からマイスターへの挑戦を続けた地元マレシュに続き、ワグナーが値千金の3位表彰台を獲得。一方、新チャンピオンとしてラリーに挑んだヤレーナは、土曜早々のSS2でクラッシュを喫し、コドライバーのサラ・フェルナンデスとともに自力で車両から降りたものの、予防措置のためにメディカルに搬送される結末となった。

 しかしチームMRFタイヤとしては、最終的に5位に入ったノルベルト・ヘルツェグ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)以下、シモン・カンペデッリ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)、ハビエル・パルド(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)らがポイントを持ち帰り、晴れてチームのチャンピオンシップタイトルも確保した。

「これは真に夢の実現だが、それは大変な作業だった、本当に本当に大変な作業だったんだ」と喜びを語ったMRFのCEOを務めるヴィヴェック・ポンヌサミ。

「人類の歴史上……とくにラリー競技において、インドの会社がFIAチャンピオンシップを獲得したことは1度もない。それどころか、今季までインドの会社がFIAのヨーロッパ選手権で勝ったことさえなかったんだ。ここ欧州で確立されたチームと競争し、結果を家に持ち帰ることができるのは、非常に誇りに思う瞬間だ」

 続くERC第8戦は、既報のとおりシーズンフィナーレとしてWRC世界ラリー選手権とジョイント。10月20~22日に開催されるスペイン・カタルーニャ地方の名物イベント『ラリーRACC・カタルーニャ-コスタ・ドラダ』が2022年の最終戦として指名されている。

 

全13ステージのうち、SSベストはわずか4つ。ベテランらしい”一貫性”でラリーを制覇した

 

5位入賞のノルベルト・ヘルツェグ(シュコダ・ファビアRally2 EVO)により、Team MRF Tyresのチームタイトルも確定した

 

「すべてチーム、コドライバー、そして僕の周りにいる人々のおかげなんだよ」と謙虚な言葉を残した勝者ヤン・コペツキー(シュコダ・ファビアRally2 EVO)

 

「これは”マグれ”ではない。開発チーム、製造チーム、経営陣、そしてもちろんメカニック、ドライバー、コ・ドライバーの絶え間ない努力の賜物」とMRFのCEOを務めるヴィヴェック・ポンヌサミ

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS