サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

今庄オートパークを始めて走って気が付いたこと☆元SKE48梅本まどかのうめまど通信vol.104

関連記事
clicccar.com

■86ダート仕様で初体験のダートコース走行

●あ~ぶつけちゃった~~~(汗)

先日、初めてダートトライアルのコースを練習で走りました、元SKE48・梅本まどかです♪

梅本まどか
楽しかったです♪

前回のうめまど通信vol.103ではダートトライアル観戦をしたお話を書いたのですが、今回は練習したお話。

練習といっても、去年、うめまど通信vol.56でお話したみたいに8の字をひたすら走るとか、ハンドルを早く回す練習とかはせず、とりあえずコースに慣れるために、ほとんど貸切状態の中、コースを走らせて頂きました。

これは中々贅沢なことで、場所を貸して下さった今庄オートパークさんと、今回お誘い下さったKIT SERVICE(ケーアイテー・サービス)代表・小関高幸さんにホントに感謝です。

今回走ったマシンは、全日本ダートトライアルでKITさんが使っているATの86。こちらを本番でも使う予定なので、練習で走らせてもらえることに!!

●ダート車両って汚れてる?…と思ったら綺麗♪

ダートラの練習ってなると、偏見ですが、もっとマシンも汚れているのかな?と思っていたのですが、めちゃくちゃ綺麗な86でびっくり! 丁寧に手入れがされているKITさんのマシンに驚きました。

梅本まどか
ダートコース走行中

当日朝に少しだけ助手席で感覚を覚えて、それからは「乗っていいよー」という訳でひたすら走りました!

前日に慣熟走行もしているし、沢山のドライバーさんの横に乗って同乗体験もさせて頂いていたのです。コースは全く同じにさせて頂いて、実際に見たり横に乗るのと、自分が運転してみるとどうなるのか? ドキドキしながらトライしていきました。

最初はマシンに慣れる為にゆっくり1周してみて、それからは踏めるところはアクセルをなるべく踏んでみる! と、どんどん車速が上がっていきました。

楽しい♪というより、どれくらいでどうなるんだろう?という疑問との葛藤で、中々慣れないなぁと思いながらも、走りながら「んー…」と考えを繰り返し。

●やっちゃった~~~(汗)

そうしたらある時、直線だと思ってアクセルを少し強めに踏んだら、まさかの滑ってそのまま土山の方へ…。

「あ!」と思った時にはコテンとぶつけていました。

梅本まどか
やらかしました(涙)

その後はゆっくり走り、クルマから降りてぶつけた所を見ると、土が付いていただけだったので、気をつけながらもう1回走ろうと走り始め、しばらくまた練習再開。

10本くらい走ると、また同じ所で滑ったのですが、今回はぶつかる前に止まることができてセーフ。

でも1回頭を冷やしに休憩スペースに戻り、「土が付いちゃいました」と伝えると、「ナンバー曲がってるよ〜」と怒られちゃいました。

はい、傷をつけてナンバーを曲げてしまいました。ごめんなさい。と謝り、本番もぶつけないような練習をして下さいとの指示がでました。

●失敗を糧に自分のドライビングを考えてみた

1回目はぶつけてしまったけど、2回目はなぜぶつからなかったから、またそうなった時どうしたらいいかいろいろ考えると、やはり経験値の浅さから何か起こった時の対応の遅さや判断の遅さがそのまま出ていました。

滑らせる事に慣れていないので、スッと動けないとうまくそれを処理できないのが難点なのですが、そう簡単にできるものじゃないんですよね。

またぶつけてはいけないので、そこから慎重にちょっとずつ、ちょっとずつスピードを上げてマシンと仲良くなろうと頑張ったのですが、走っていると時間が経つのはホントにあっという間。

慣れたのかな!?というくらいで時間がきてしまいました。

今回走ってみて、実はこのコースでUP・DOWNのある箇所は1つだけで、下りの直線は怖くてあんまり踏めないだろうなと最初思っていたのですが、私は普段コ・ドライバーをやっているからか、案外運転しても車速の怖さがないという事に気づく事ができました!

思っていたよりも踏めていたみたいです(笑)・

練習ではコツンとぶつけてしまいましたが、走る事ができてやっぱり楽しかったし、貴重な経験ができてよかったです♪

もっと上手になりたいなぁ、と思った一日でした。

(梅本 まどか)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS