サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

ARAオジブウェでケン・ブロックが優勝、タイトル争いは熾烈な争いに

関連記事

スバルのブランドン・セメナックとのポイント差を詰めることに成功

米国の国内ラリー選手権、アメリカン・ラリーアソシエーション(ARA)第7戦オジブウェ・フォレストラリー(グラベル)が8月19〜20日、ミネソタ州で開催され、ヒョンデi20 WRCのケン・ブロックが優勝しました。ブロックは、選手権争いでは3番手でこのイベントを迎えていましたが、首位につけるスバル・モータースポーツUSAのブランドン・セメナックとのポイント差を詰めることに成功しました。

ラリー序盤にリードを握ったのは、セメナックのチームメイト、トラビス・パストラーナでしたが、そのパストラーナはブロックとの激戦を展開する中、デイ2最初のSS10序盤でクラッシュ。ここでリタイアとなってしまいました。これで首位に立ったブロックは、セメナックに3分近くのリードを握ることになり、その後はペースをコントロール。トップフィニッシュを飾りました。

「ガタガタだったけどなんとか勝てた、という気分です」とブロック。

「滑り出しはいまひとつでしたが、予想していた以上にいい形で終えることができました。タイトル争いのためにも、今回はどうしても勝ちたかったのです。前戦のニューイングランド(セメナックが優勝)は自分がよく知っているラリーでしたので勝ちたかったし、あそこで勝てば選手権争いでもいい位置につけられると分かっていましたので。でも、今回勝てたことで、その分を取り戻すことができました」

そのセメナックは、このラリーの経験が少ない中でベストを尽くしましたが、トラブルが頻発したことも重なり、ペースをつかむのに苦戦。ブロック、パストラーナの速さについていくことができませんでしたが、それでも2位でのフィニッシュを果たしました。

「タフなラリーでした」とセメナックは語りました。

「クリーンにステージを走り上位とバトルができるチャンスが、まったくありませんでした。デイ2は差が開いていたので、とにかく力を抜いてパワーステージで攻めました。まずまずのステージになったし、少し時間が空いてしまった感じはありましたが、全体としてはあのステージには満足です」

セメナックにとって不運だったのは、パワーステージで赤旗が出たことでブロックから15秒以上離されてしまったこと。パワーステージポイントは与えられず、ほとんどのドライバーにはノーショナルタイムが与えられました。

協力:RALLYPLUS.NET 写真: AMERICAN RALLY ASSOCIATION USAC Series、Subaru Motorsports USA

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS