サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラ代表がフィンランドのヒストリックカーラリーで優勝

関連記事

WRCのスキマ時間には自身でも参戦を楽しむラトバラ

今季のWRCでは現在、マニュファクチャラーズ選手権で首位を快走中のトヨタでチーム代表を務めるヤリ‐マティ・ラトバラが、8月12〜13日にフィンランドで開催されたラハティ・ヒストリックラリーに自身が所有するトヨタ・セリカGT-FOURで参戦、優勝を飾りました。

トヨタではワークスドライバーも務めてきたラトバラは、現在でも時間が許す限り参戦を楽しんでおり、WRCフィンランドが開催された翌週にこのイベントに参戦。長年の友人で同じく元トヨタのワークスドライバーを務め、現在もチームで活動しているユホ・ハンニネンをコ・ドライバーに迎えての参戦となりました。

このイベントには、今季のジュニアWRCに参戦中で、現在シリーズ首位に立っているフィンランドの若手、サミ・パヤリもフォード・エスコートRS1800で参戦。1981年にアリ・バタネンがこのマシンで世界タイトルを獲得した時にはまだ生まれてもいなかった20歳のパヤリと、ラトバラの対決に注目が集まりました。

マシンの性能としては、ターボエンジンを搭載しパワーで上まわるラトバラは「サミよりも速いマシンなのは分かっているので、プレッシャーをかけますよ!」とラリー前には冗談をまじえたコメントもするなど、イベントを満喫したようです。

「先週はWRCフィンランドのステージは走れませんでしたが、あの雰囲気を見たら純粋に自分も走りたいという気分になりました。時には仕事を離れて、マシンに乗ってドライビングを楽しむのもいいもの。これでモチベーションが高まるし、エネルギーも与えてもらえるのです」

イベントは、ラトバラが初日にトランスミッションのトラブルに見舞われながらも1時間15分57秒4というタイムで優勝、パヤリは3分31秒8差の3位フィニッシュとなり、フィンランド新旧WRCドライバー対決はラトバラに軍配が上がりました。

協力:RALLYPLUS.NET 写真: Markus Maki / JMM Photomedia

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS