サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

アルピーヌA110ツール・ド・コルス75が20台限定で発売。ノワールプロフォン メタリックとブラックルーフが際立つ限定車

関連記事
clicccar.com

■価格は1064万円で、ステアリング位置は左右ともに設定

以前お伝えしたように、20台限定車「アルピーヌA110ツール・ド・コルス75」の受注が2022年7月14日(木)に開始されました。7月14日(木)から24日(日)まで購入の申し込みを受け付けていて、申し込み数が販売台数を超えると抽選販売になります。申し込み数が販売台数に達しない際は、通常販売になります。

アルピーヌA110ツール・ド・コルス752トーンカラーをまとう「アルピーヌA110ツール・ド・コルス75」

限定車の「アルピーヌA110ツール・ド・コルス75」は、その名から想像できるように、1975年の「ラリー ツール・ド・コルス」を戦った先代アルピーヌA110の精神を受け継ぎ、黄色のボディカラーをまとっているのが最大の特徴です。

アルピーヌA110ツール・ド・コルス75「アルピーヌA110ツール・ド・コルス75」のリヤビュー

同限定車は「ジョン トゥルヌソル」のボディカラーをまとい、ルーフは「ノワールプロフォン メタリック」でペイントされた専用2トーンカラーになります。

さらに、専用デカール、「ブリリアントホワイト」のグランプリホイールなど、1975年のラリー ツール・ド・コルスを戦った先代アルピーヌA110を想起させるカラーが施されています。

アルピーヌA110ツール・ド・コルス75専用ロゴ入りのSabelt(サベルト)製モノコックバケットシートを装備
アルピーヌA110ツール・ド・コルス75「ブリリアントホワイト」のグランプリホイールを履く

俊敏性と快適性をバランスさせ、正確なハンドリングを実現するアルピーヌシャシーに、専用ロゴ入りのSabelt(サベルト)製モノコックバケットシートを装備。

そのほか、オレンジのキャリパー、フルLEDヘッドランプ(ブラックインサート)、シートスライド、ハーネスアダプター、グレーステッチインテリア、マイクロファイバーステアリング/ルーフライニング/ダッシュボード/センターコンソール、限定車専用シリアルプレート、専用フロアマットが用意され、特別仕様車ならではの所有する喜びが得られます。

アルピーヌA110ツール・ド・コルス75シリアルナンバー

最高出力300psのハイパワーエンジンが組み合わされた「アルピーヌA110 ツール・ド・コルス75」は、ワインディングなどをどこまでも走り続けたくなる、軽快かつ力強い走りを堪能できます。

なお、成約記念としてNEGRONI(ネグローニ)製の専用ドライビングシューズがプレゼントされます。

 

●価格:1064万円(ステアリング位置:左/右ともに設定)

(文:塚田 勝弘)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS