10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

ERC最終戦、WRC第12戦スペインとの併催が決定

関連記事

スペインでの開催は今シーズン2度目

FIAヨーロッパラリー選手権(ERC)は、開催地・会期を未定としていた2022年の最終戦を、WRC第12戦ラリーカタルーニャ‐コスタドラダ(スペイン、ターマック)と併催で行うことを発表しました。WRCスペインの会期は10月20〜23日ですが、ERCは20〜22日の2日間となります(FIAワールドモータースポーツカウンシルでの承認待ち)。

バルセロナ近郊のコスタドラダの丘陵地を抜ける高速でスムーズな道は、サーキットのような性格として知られるWRCの名イベントのひとつ。WRCの難関ターマックステージに、ERCのクルーたちも挑むことになります。ERC勢は20日木曜日に予選ステージを行った後、金曜日と土曜日の2日間に設定される、14SS・240.60kmのステージに挑みます。ERCとしてはシーズン最長距離のイベントとなる今季ERC最終戦のパワーステージは、土曜日のEl Montmell(24.40km)が指定されます。

WRCスペインと同じ開催地・同週末での開催となりますが、ERCは規定を分けて行われます。両選手権の商業権を所有するWRCプロモーターは、各シリーズの毎戦で全戦の配信サービスを有料で提供していますが、ふたつのシリーズが同時に開催されるこのラリースペインではテレビやSNSのコンテンツを独自の構成で提供する予定としています。

ERCのシリーズマネージャー、イアン・キャンベルは、ラリーカタルーニャ‐コスタドラダがERCの第8戦として開催が決定したことに喜びを見せています。

「このイベントを今季の最終戦として発表できることに、心から沸き立っています」とキャンベル。

「ERCは、若い才能の育成と知名度向上に力を注いでいます。シリーズに参戦するドライバーの多くはWRCを目指しており、最終戦のスペインは彼らの実力を発揮する絶好の機会となるでしょう。イベント主催者のRACCは、このレベルのラリーを成功させるために何が必要かをよく理解しているので、ERCが参入するというプランを快諾してくれました」

イベント主催者であるRACCの総裁、ジョセフ・マテウも「このラリーは、これまで以上に強いインパクトを与えることになるでしょう」と語っています。

「世界的なラリーの2大選手権を同じイベントで見ることができるのは、ファンにとって最高の楽しみとなるはずです。10月にERCをサロウに迎え、伝説的なイベントにできることをうれしく思います」

ERCは5月に第3戦ラリーイズラス・カナリアスをスペイン領カナリア諸島で開催しており、今季2度目のスペイン開催となります。

協力:RALLYPLUS.NET 写真: HYUNDAI、WRC PROMOTER

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS