10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

ARAニューイングランド、スバル・モータースポーツUSAのブランドン・セメナックが逆転優勝

関連記事

ヒョンデのケン・ブロックと最終日までバトル

米国の国内ラリー選手権「アメリカン・ラリーアソシエーション(ARA)」第6戦ニューイングランド・フォレストラリー(グラベル)が7月15~16日にメーン州で開催。スバルWRX STIで参戦したスバル・モータースポーツUSAのブランドン・セメナックが、ケン・ブロック(ヒョンデi20クーペWRC)を最終ステージで逆転し、0.9秒差で優勝を飾りました。

シリーズ屈指の歴史と高い人気を誇るこのイベントは、序盤からセメナックとブロックの戦いとなりました。初日は設定された5SS中、セメナックが3本を制し21秒のリードを握って10本のSSを走行する最終日へ。しかし、走行順が先頭になったこの日、セメナックは路面の砂利掃除に苦戦。午前中の5SSですべてベストタイムを並べた、2番手のブロックがセメナックとの差を3.3秒にまで縮めてきました。一方、セメナックのチームメイトのトラビス・パストラーナは、ターボと電子系のトラブルに見舞われ、ペースを抑えて3番手キープを目指しました。

午後のループに入るとセメナックがSS11で9秒先行したものの、ブロックも追撃の手を緩めず、ついにSS13で首位に浮上します。そして、その差2.9秒で迎えた最終のパワーステージ。この時間になると日差しが低くなり、無風状態に。ブロックは先に走るセメナックが巻き上げたダストで視界不良となり、ペースが上がりません。このステージでブロックを3.8秒上まわるタイムを記録したセメナックが逆転優勝。セメナックはさらにパワーステージでボーナスポイント5点を獲得しました。

「信じられない週末になりました。ラリー全般を通してケンを相手に全開で攻めましたし、こんな僅差で勝てたなんて、信じられません。マシンのセッティングを変更してからは、キートン(ウィリアムズ、コ・ドライバー)も自分も、週末を通していいフィーリングを得ることができました。選手権リードを握るために必要なものが揃ったという手応えを感じました」と、セメナック(写真右)はフィニッシュ後に喜びを語りました。

セメナックはこれでシーズン3勝目。最大ポイント獲得は今季2度目となり、選手権争いでは合計ポイントを99点とし、今シーズン3戦を残して首位に立ちました。初日トラブルで遅れたパストラーナは、最終日は慎重なアプローチでマシンを無事にフィニッシュまで持ち帰り、3位表彰台。選手権争いではセメナックに4点差の2番手に後退しています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:SUBARU Motosports USA

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS