ラリージャパンを盛り上げてくれるボランティアの募集を開始します

イタリアン・スター候補対決を制した、地元出身ダミアーノ・デ・トマソが初優勝/ERC第6戦

関連記事
as-web.jp

 7月23~24日にイタリアの首都で開催された猛暑のターマック(舗装路)イベント、2022年ERCヨーロッパ・ラリー選手権第6戦『ラリー・デ・ローマ・キャピタル』は、地元出身スペシャリストたちの饗宴を制したダミアーノ・デ・トマソ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)がシリーズ初優勝を飾った。週末を支配したアンドレア・クルグニョーラ(シトロエンC3ラリー2)は、残り2SSでスロットル不調に見舞われ失意の5位に終わっている。

 前戦リエパヤ勝者のマルティン・セスク(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)が、引き続きチームMRFタイヤのシートを確保し、ERCで2冠を誇る大ベテランのジャンドメニコ・バッソ(ヒョンデi20 Nラリー2)や、シモン・カンペデッリ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)らイタリア出身の実力派ドライバーが顔を揃えた首都ローマ決戦。

 しかし、残念ながらエントリーリストに前半戦2勝ニル・ソランスの名はなく、ランキング3位のシモーネ・テンペスティーニ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)に対し52点差をつける選手権首位エフレン・ヤレーナ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)は、実質的にほぼ今季のタイトルを手中に収めた状態でのターマック・ラリーとなった。

 そのスペイン出身ドライバーはインド発のターマック・スペックを装着すると、金曜予選ステージでクルグニョーラのシトロエンを退け幸先よくトップタイム発進。週末のラリーを通じて「守りに入る気はない」ことを示した。

「良い走りができた。確かにそれは完璧ではなく改善の余地はまだあるが、クルマとタイヤのフィーリングは本当に素晴らしかった。今週末はコクピットが本当に暑くなるだろうけど、過去に戦ったいくつかのラリーと状況は変わらない。暑さは問題ないから、楽しんでみるよ」と、2番手クルグニョーラにコンマ3秒、3番手の僚友カンペデッリにコンマ5秒の差をつけたヤレーナ。

「チャンピオンシップについては考えていないんだ。このラリーでたくさんのポイントを獲得して週末を終えたいし、そうすれば本当に強いポジションでバウム(チェコ)に行くことができるからね」

 そのままローマの世界的に有名なコロッセオの傍で実施されたオープニングのトワイライトSSでは、同地2勝のバッソがタイムシート首位に立つものの、予選ステージと同様にジャンプスタートのミスを犯し10秒のペナルティに。代わってデ・トマソが、クルグニョーラとの同郷対決を1.6秒差で制して最初のリーダーとなった。

「僕自身はこの美しいステージを楽しんだけど、明日以降に何が起こるかは様子を見てみないとね」と笑顔を見せたデ・トマソ。

競合ニル・ソランスの不出場により、ほぼ今季ERCタイトルを手中に収めたエフレン・ヤレーナ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)

 

DAY1後半ループでスパートしたアンドレア・クルグニョーラ(シトロエンC3 Rally2)が首位に

 

 

金曜予選ステージから開幕5SSを制したダミアーノ・デ・トマソ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)は2番手に

■SS9で首位を走るシトロエンC3が突然の失速 

「とても難しいラリーになると思うし、ステージは非常に挑戦的だ」そう語ったデ・トマソの予言どおり、サービスを挟んで午前午後で同一ループを巡る土曜92.56kmのステージ群では、序盤の5ステージこそデ・トマソがアドバンテージを築くものの、最終からふたつ手前となる29.09kmのSS6でクルグニョーラがスパート。

 サービスでのセットアップ調整により、トラクションが改善したシトロエンは9.8秒差の最速タイムを記録しトップ浮上に成功。そのまま最終SS9も奪って9.5秒差で初日を終えることとなった。

「戦いは非常に緊迫している。明日もお互い非常に接近するだろうし、ほぼゼロからのスタートだと考えているよ」と、昨年のローマ初日も首位で夜を越した33歳のクルグニョーラ。

「今日は間違いなく良い日だけど、今朝は長いステージでクルマを管理し過ぎ、少し時間を失った。全体として僕らの1日には満足しないといけないね」

 3番手にもMRFのカンペデッリが続き、ラリー初日はイタリア勢がトップ3を占拠。注目のバッソはジャンプスタートが響き11番手に留まるも、タイム加算ペナルティさえなければ首位と2.7秒差というさすがのスピードを披露した。

 明けた日曜も午前午後で3ステージのループ設定となり、最終SS13はパワーステージに。この日も朝のオープニングからギャップを拡大したラリーリーダーだったが、続くラリー最長の32.30kmを誇るSS9でクルグニョーラのシトロエンが突然の失速。スロットルセンサーが反応せず大幅にパワーが低下したマシンは、無情にもここで大きくタイムを失うことに。

 ミッドデイ・サービスでも完全修復が叶わなかったクルグニョーラはほぼ1分30秒ものロスを喫し、総合5番手確保がやっとの状況に。代わって首位に立ったデ・トマソがMRFのカンペデッリに対し10.5秒差を維持し、最後のループを巡航してのフィニッシュとなった。

「この気持ちを説明する言葉がないよ! とてもうれしいし、チーム、ピレリタイヤ、そしてすべてのメカニックに感謝する必要がある。僕はすべてのステージを楽しんだし、このラリーでのタイヤはとても良かったね」とERC初優勝を決めたデ・トマソ。

 最後の3位表彰台には、言葉とは裏腹に“安全運転”となった選手権リーダーのヤレーナをコンマ3秒差で抑え、フランス出身のヨアン・ボナート(シトロエンC3ラリー2)が手にする結果となった。

 続く2022年のERC第7戦は短いサマーブレイクを挟んだ来月末の再開となり、引き続きのターマック戦となるバウム・チェコ・ラリー・ズリンが8月26~28日に開催される。

 

Team MRF Tyresのシモン・カンペデッリ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)は、最終的に総合2位に

 

 

2度のジャンプスタートが災いしたERC2冠ジャンドメニコ・バッソ(ヒョンデi20 Nラリー2)は、SS9でもダメージを負いリタイヤに

 

「車内はつねにドライヤーを当てられているような暑さだったけど(笑)、今週末に何を経験したかを理解するのに数日かかると思う」と、コドライバーを務めたジョルジア・アスカローネ(左)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS