ラリージャパンを盛り上げてくれるボランティアの募集を開始します

ラリーでの体調管理にとても収穫があった雨の全日本ラリー「ラリーモントレー」☆元SKE48梅本まどかのうめまど通信vol.95

関連記事
clicccar.com

■試練の雨を乗り越え、生き返るためのナビ修行

●雨によるコースコンディションに、悩んで悩んで

こんにちは♪ 元SKE48・梅本まどかです♪

2022年6月10日~12日に群馬県で行われた全日本ラリー選手権「ラリーモントレー」は、雨が降ったりやんだり、読めない天気の中行われたので、タイヤ選択など面白い要素満載のラリーでした。

私たちは1日目はよかったのですが、2日目の午後はドライ用にしようか午前中と同じウェットでいくのか、ギリギリまで悩みました。が、山にかかる雨雲を見てウェットに決め、最終SSに挑みました!

結果はドライ路面で読みを外してしまいましたが、ここまで悩んだラリーは初めて。ドライバーの村田康介選手が他の選手や知り合いの方から集める情報など、いろいろ勉強になることばかりで収穫が多かったです。

終わってみれば楽しいラリーでしたが、正直、ラリー前に雨予報を見たとき「めちゃくちゃ嫌だなぁ…」って思っていました。

梅本まどか
SS後の綺麗な景色

だって、コ・ドライバーが管理するものは紙類が多いから濡れたら嫌だし、ムシムシするし。ラリーは綺麗な景色や自然を感じられる所が多いから、SS終えて、窓を開けながら美味しい空気を吸って生き返る、あの感覚が好きなんです。

雨降ったら、窓は開けにくいし、濡れないように対策しなくちゃいけないし、なにより山の中だから気圧などで頭も痛くなる可能性が高いんです。

基本、クルマ酔いはしませんが、これまで2回ほどレッキで雨が降った時に体調が悪くなったことがあったので、今回凄く心配していました。

この心配が的中し、木曜日にサービスパークである”野生の王国・群馬サファリパーク”に着くと大雨。この時、気圧の影響で頭痛がしたので薬を飲むと、翌日のレッキとLeg1まで体調があまり良くなく、いつもと違う感覚になってしまったのです。

●リフレッシュを学びながら ソフトクリームリベンジを決意しました!

レッキは時間がそこまでタイトではなかったので、途中、道の駅で休憩しながら、リフレッシュして進めていました。この日はムシムシする暑さと、リエゾン区間やSSも長いので集中力が大切なので、身体をストレッチしたり、エネルギーチャージする時間も大切だったのです。

梅本まどか

 

ソフトクリームを食べる2人

道の駅上野に着くと、先に休憩していたJN3で戦う久保凛太郎選手と大倉瞳選手が美味しそうにソフトクリームを食べていました!

「めちゃくちゃ美味しいよ」と満面の笑みで食べるお二人につられて、村田選手もすぐ買いに行っていました。私も凄く食べたかったのですが、あまり体調がよくなく、お腹を壊したら明日大変だと思い断念したのですが、ソフトクリーム好きな私にとって、ここで食べられなかった事はショックが大きかったです。

梅本まどか

 

ソフトクリーム買えて嬉しそうな村田選手

ちなみに、味噌のソフトクリームだったそうです!

もし来年機会があったらリベンジしようと思います(笑)。

そんなこんなしながらレッキを進めたのですが、SS前にストレッチしている選手は多く、やはり距離が長くみんな同じ気持ちなんだなと、仲間がいたことにホッとしました。

「ラリーを長年やっている方はそこまで痛くならないのかな」とか「これは私だけなのかも」と思う事も多く、WRCを観たり、昔北海道で行われていたラリージャパンのお話を聞くと短い距離に感じるのですが、やはり身体は慣れていないから辛かったのです。

梅本まどか

 

ペースノートしっかりできました

しっかりリフレッシュしながら出来たからか、ちゃんとペースノートを作ることが出来たのは今回のよかった事。村田選手に教えて頂く事は多いですが、本番中に1番実感できたポイントでもあったので、レッキとノート修正は今回よかったなと感じました。

本番はLeg1でまだ体調が万全ではなかったし、この日も蒸し暑く、またSSも荒れた路面が多く集中していたのと、車内のエアコンがなく温度が上昇したため、軽い熱中症になりかけ大変でしたが、Leg2には治り楽しくラリーができました。

体調が違うだけでこんなに大変なんだと実感したラリーでもあったし、ラリージャパンは日数が長いので、しっかり準備したり対策しなくてはと思える内容でした!

皆さんも最近、梅雨で体調管理は難しいかもしれませんので、クルマを運転するときなど熱中症にはお気をつけ下さい☆

●最後にお知らせ☆

ポスター

 

ポスターです

7月16日(土)-17日(日)にイエローハット新山下店(神奈川県横浜市)で行われる第10回AUTO FESTIVALに参加させて頂きます。織戸学さんと、ラリーでよくお話させて頂く天野選手、羽琉選手と一緒にトークショーです。どんな話をしようか今から楽しみ♪

土曜日・日曜日での開催になるので、お時間ある方は是非遊びに来て下さい。お待ちしています。

(梅本 まどか)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS