勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【動画】240Zのサファリラリー優勝を記念したジューク・ラリートリビュート、グッドウッドで走行へ

関連記事
as-web.jp

 ニッサンは6月24~26日、イギリスで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて、51年前のサファリ・ラリーで優勝した『ダットサン240Z』をオマージュした『ニッサン・ジューク ハイブリッド・ラリートリビュート』がデモンストレーション走行を行うと発表した。

 グッドウッドのラリーステージに登場予定であるジューク ハイブリッド・ラリートリビュートは、約半世紀前の1971年に東アフリカ・ラリーに出場したダットサン240Z(エドガー・ヘルマン/ハンス・シューラー組)の優勝を記念してデザインされた『ジューク・トリビュート・コンセプト』を具現化したもの。

 外観においてはニッサンのレジェンドカーと同じ臙脂(えんじ)色のボディにブラックのボンネットフードとホイール、さらにライトポッドなど1971の車両を想起させるアイテムが備わるほか、ビンテージスポンサーロゴやゼッケン11など、240Zラリーカーのイメージを踏襲している。

 車両の足回りでは、強化されたロングトラベルサスペンションを採用。265/70 R16サイズのタイヤを装着し、車両の下回りには保護を目的とする強化プレートが追加された。

 インテリアはチューブラーケージが組み込まれ、ボディシェルの剛性を高めるとともにクルーの安全性が確保されたつくりに。一方、リヤシートは取り外され、スペアタイヤ用のスペースが設けられている。

 このジューク ハイブリッド・ラリートリビュートは、イギリスの『The Sun』誌の編集者で経験豊富なラリー・ドライバーであるロブ・ギルによってドライブされる予定だ。なお、グッドウッドの会場では240Zのレプリカがニッサンブースに展示されるほか、ジューク ハイブリッドのイギリス初公開が予定されている。

■JUKE HYBRID RALLY TRIBUTE – Being Tough

サハラ砂漠でテスト走行を行うニッサン・ジューク ハイブリッド・ラリートリビュート

サハラ砂漠でテスト走行を行うニッサン・ジューク ハイブリッド・ラリートリビュート

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS