勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

ヤリ‐マティ・ラトバラと勝田範彦、スーパー耐久「富士24時間レース」に出場

関連記事

モリゾウとともに水素エンジン車両をドライブ

6月3~5日に富士スピードウェイで開催される「ENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook 第2戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」に、TOYOTA GAZOO Racingのチーム監督を務めるヤリ-マティ・ラトバラ、2021年の全日本ラリー選手権王者の勝田範彦が参戦します。

ラトバラと勝田は、ORC ROOKIE Racingのスポットドライバーとしてエントリー。ふたりがドライブするのは、水素エンジンを搭載した「ORC ROOKIE GR Corolla H2 Concept」で、ドライバーは佐々木雅弘、モリゾウ、石浦宏明、小倉康宏、ラトバラ、勝田の5名で24時間レースに挑みます。

ターマックラリーのトレーニングとして、ニュルブルクリンク24時間レースを走った経験を持つラトバラは、富士24時間レースに向けて次のように意気込みを語りました。

「昨年のラリーポルトガル期間中、スーパー耐久レースの動画を観て、トヨタのモータースポーツを通じたカーボンニュートラルへの取り組みに感銘を受けました。また、小林可夢偉や中嶋一貴から、水素エンジンは、ガソリンエンジンと感覚が変わらないと聞き、いつか乗ってみたいと思っていたところに、チャンスが巡ってきました」

「今回カーボンニュートラルへ向けた活動を自分の肌で感じることで、私からも欧州を中心に世の中に伝えていけたらと思います。また、ラリーカーへのポテンシャルも感じ取れればと思っています」

一方、勝田はテストでステアリングを握ったORC ROOKIE GR Corolla H2 Conceptに、強く感銘を受けたそうです。

「水素エンジン車両ですが、その乗りやすさに驚きました。アクセルワークにしても、ステアリングにしてもマイルドな印象です。サーキットレースは2回目ですし、競り合いはやっぱり実際に走って慣れる必要があるでしょう。これだけ様々なパワーユニットを開発しているのはトヨタくらいですし、あらためてその考え方に共感しています」

このレースには、ST-Qクラスに参戦する「Team SDA Engineering」から、全日本ラリー選手権に参戦する鎌田卓麻も参戦。レギュラーの井口卓人や山内英輝とともに、スバルBRZをドライブします。

「レース経験のない、一般車両を開発しているエンジニアの皆さんが立ち上げたチームです。量産車とレーシングカーの違いを確認しながら活動しています。車両はほぼノーマルの状態ですが、僕としてもスーパー耐久の参戦は初めてですので、いろいろと勉強できればと思っています」と、レースに向けてコメントしています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:TOYOTA

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS