勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【動画】ロバンペラvsタナク、WRCクロアチアで優勝を争ったふたりの最終SSオンボード

関連記事
as-web.jp

 4月21~24日に開催されたWRC世界ラリー選手権第3戦クロアチアは、最終日に展開された逆転に次ぐ逆転劇を経て、カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が優勝。2022シーズン2勝目をマークした。そのロバンペラを相手に最終パワーステージで“ガチンコ勝負”を繰り広げたのが、総合2位となったオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)だ。WRC公式サイトでは、このふたりによって僅差で争われた最終SS20での戦いを2台のオンボード映像を並べた動画で紹介している。

 24日(日)の競技最終日にラリーを襲った予想外の降雨による混乱で、最終ステージのひとつ前のSS19でロバンペラの独走態勢が崩れ、1.4秒差でタナクがリードする展開となったクロアチア・ラリー。迎えた最終パワーステージは両者のタイヤ選択が分かれるなか、先に出走したロバンペラが驚くべきペースを披露する。

 対するタナクも、21歳の“フライング・フィン”と同等のタイムを記録していくが、スプリットタイムで徐々にタイム差が大きくなり最終的には5.7秒おくれてのフィニッシュに。これによりロバンペラがトップに返り咲き、4.3秒の僅差で再逆転優勝を飾る結果となった。

 WRC公式サイトで公開中の動画は、このふたりのアタックの様子を収めたオンボード映像を確認することができるものだ。また、WRC公式YouTubeチャンネルにはSS10のオンボード&コクピットカメラの比較動画も公開されている。

WRC ラリーオンボード・スピリット・スクリーン:カッレ・ロバンペラ vs オット・タナク:WRCクロアチアラリー(SS10)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS