ラリーに挑んだレーサーその3、元MotoGP王者バレンティーノ・ロッシ【WRC topic】

特集
as-web.jp

 さきごろ現役を引退した二輪レース界のスーパースター、バレンティーノ・ロッシはWRC世界ラリー選手権に過去3回出場したことがあるが、実は彼、“WRCドライバーの息子”だったのだ。

 父親のグラツィアーノは世界選手権で活躍した有名なライダーだったが、怪我で二輪を諦めラリーに転向。イタリア周辺の国々のラリーを主戦場としながらも、WRCのサンレモ(イタリア)やスウェーデンにも出場した経験を持つ。そんな父親を見て育ったロッシが、ラリーにも興味を持ったのは当然といえる。

 ロッシは1997年から、毎年1回のペースでシーズンオフにラリーイベントに出場していたが、2002年ついにWRC初出場を果たす。ど派手なイエロー&ブルーのミシュランカラーのプジョー206 WRCで、ラリー・グレートブリテン(イギリス)に挑んだ。

 なお、当時すでにスーパースターだったロッシの走りを見ようとステージには大勢の二輪ファンが集まったが、ロッシはSS2でクラッシュ。早々にリタイアとなってしまった。

 2度目のWRCチャレンジは2006年。ラリー・ニュージーランドに、今度はスバル・インプレッサWRC 05で挑んだ。マットブラックのそのマシンは非常にクールなリバリーで、ロッシはまたしても注目の的に。

 ラリーGB後も地道にラリー出場を続け経験を積んでいたロッシは、スロースタートながら安定した走りで順位を上げていき、総合11位でフィニッシュ。WRC初完走を果たした。

バレンティーノ・ロッシ駆るスバル・インプレッサWRC 05
バレンティーノ・ロッシ駆るスバル・インプレッサWRC 05

 

ライコネンやクビサとは違ったアプローチ

 3度目、そして現在までのところ最後となるWRC出場は、2008年のラリーGBだ。マシンは、当時フォードのセミワークスだったストバートのカラーリングが施された、フォーカスRS WRC 07だった。

 ロッシはその時も慎重なアプローチで戦い、結果は総合12位。以降、WRCへの出場は途絶えているが、2018年まではモンツァなどイタリア国内のラリーに出場し、何度も優勝した。スプリント的なラリーでの実力は、現役WRCドライバーと肩を並べるレベルにあったといえる。

 ロッシのラリーへのアプローチは、元F1王者キミ・ライコネンや、同じくF1ドライバーのロバート・クビサとは大きく異なり、純粋に楽しむためのものだった。

 もちろん、少しでも速く走ろうと真剣に取り組んではいたが、それ以上にラリーを心から愉しもうとしているように見えた。サービスパークでも、スタート前でもつねにニコニコ笑顔で、ファンサービスも素晴らしかった。二輪を引退した後は四輪のサーキットレースに注力しているが、またいつかWRCにも出場して欲しいものだ。

2002年ラリーGBでのWRCデビューに向け、プジョー206 WRCでテストを行うバレンティーノ・ロッシ

2002年ラリーGBでのWRCデビューに向け、プジョー206 WRCでテストを行うバレンティーノ・ロッシ

セバスチャン・ローブ(左)とバレンティーノ・ロッシ(右) 2006年WRCニュージーランド

セバスチャン・ローブ(左)とバレンティーノ・ロッシ(右) 2006年WRCニュージーランド

2006年のWRCニュージーランドでは、スバル・インプレッサWRC 05をドライブし総合11位で初完走を果たした

2006年のWRCニュージーランドでは、スバル・インプレッサWRC 05をドライブし総合11位で初完走を果たした

バレンティーノ・ロッシのドライブで総合12位となった『フォード・フォーカスRS WRC 07』 2008年WRCラリーGB

バレンティーノ・ロッシのドライブで総合12位となった『フォード・フォーカスRS WRC 07』 2008年WRCラリーGB

現在までのところ、ロッシによる最後のWRC出場は2008年のラリーGBとなっている

現在までのところ、ロッシによる最後のWRC出場は2008年のラリーGBとなっている

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS