勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

創設2年目のNitroRXが世界進出へ。2022年は6月のイギリス開幕で3大陸制覇の全10戦を計画

関連記事
as-web.jp

来るべき2年目のシーズンに向け「ファンの概念を変える」新たな電動クラスの導入も発表している『Nitro Rallycross(ナイトロ・ラリークロス/NitroRX)』が、創設2年目となる2022年の暫定カレンダーを発表した。当初の計画どおり、早くもグローバル・シリーズへと拡張されたシーズンは6月のイギリス・リデンヒルで開幕し、スウェーデン、フィンランド、カナダ、サウジアラビアなど3大陸を経て、2023年3月に地元北米でフィナーレを迎える全10戦がアナウンスされている。

兼ねてより開発が公にされて来た『FC1-X』と呼ばれるフルエレクトリックSUVによる“グループEクラス”を立ち上げ「これまでに全世界で製造された中でもっとも速く、もっとも強力なラリークロスカー」による勝負をファンに提供すると宣言したNitroRXは、巨大なジャンプと急なバンクターンを備えた画期的なトラックを、世界中の多くのイベント会場に持ち込む野望を明らかにした。

このNitroRXの発起人であり、2021年初代チャンピオンも獲得したトラビス・パストラーナは、航空機の駐機場やスポーツスタジアム内、市街地サーキットに雪や氷の上など、さまざまなレース環境で戦うよう設定された“エクストリーム”なシリーズの展望を、次のように説明する。

「僕らのナイトロ・ラリークロスが完全に世界的なシリーズに拡大するのを見るのはとても素晴らしいし、興奮するね! これはチーム、ドライバー、ファンが求めていたアクション満載の『No limits』なイベントであり、グローバル化は当初からの目標だった」と明かしたパストラーナ。

「そして今回ラリークロスの発祥の地であり、いくつもの歴史的な……最大の瞬間を演出してきた本拠地リデンヒルに赴き、この象徴的なトラックで物事を始める素晴らしい機会が得られた。僕らも初心に立ち帰り、スポーツを次のレベルに引き上げるため、必要と思われる変更を加えることにした」

創設2年目のNitroRXが、巨大なジャンプと急なバンクターンを備えた画期的なトラックを、世界中の多くのイベント会場に持ち込む

年またぎの2022-23年シーズンを計画するNitroRXだが、会場未定のスウェーデン、フィンランドなども、おなじみの場所になることが予想される

その2022-23年NitroRXでは、ラリークロスで最も強力な車両となる『FC1-X』のコンペティションデビューが計画されており、ラリークロス界の名門ビルダーとして活動する北欧のオルスバーグMSEと、スペインの電動モビリティ企業であるQEVテクノロジーズが共同開発したモデルは、最高出力800kW(約1070PS)と1100Nmという途方もない最大トルクにより、0-100km/h加速はわずか1.4秒と現行の内燃機関スーパーカーに対しても規格外のパフォーマンスを誇る。

「FC1-Xはそのパフォーマンスの観点からだけでなく、スウェーデンの北部に位置する凍った湖で走破したラップ数を考えると、そのタフさにも驚かされたよ」と語るのは、大会史上初めて雪上と氷上での戦いとなった2022年のレース・オブ・チャンピオンズ(RoC)で、そのステアリングを握ったアンドレアス・バッケルド。

「この新しいクルマと真っ向から対峙し、最初の数レースでパフォーマンスの向上とその詳細をどのチームが最初に見つけることができるか。それを確認するのは大変なことだろうね」

昨年のシーズン初年度では、NASCARカップシリーズのチャンピオンであるカイル・ブッシュやチェイス・エリオットらが“カメオ出演”し、ブッシュはあと一歩で表彰台という活躍を演じたが、ファンの注目度が急上昇するにつれ、レースの世界全体からより多くのスターが注目し「今ではF1、NASCAR、インディカー、MotoGPなどのスターを含む、多くのラインアップが控えている」と語るパストラーナ。

「FC1-Xがスタートラインに着き、競争が激化する中でどんな化学反応が起きるか。それを見るのが待ち切れないね。かつての“グループB”の遺産を現代に受け継ぐこのクルマが、ゲームを変える力になる。最高のクルマを最高のドライバーの手に渡し、世界中のどこでも最高のトラックに投げ込めるようにしたいんだ!」

そのFC1-XとグループEに加え、象徴的な現行スーパーカー・クラスと次世代ドライバー向けの登竜門となるNRX Next部門も引き続き設定され、ファンにはさらに幅広いアクションが提供される見込みだ。

「最高のクルマを最高のドライバーの手に渡し、世界中のどこでも、最高のトラックに投げ込めるようにしたいんだ!」と発起人のトラビス・パストラーナ(左)

「今ではF1、NASCAR、インディカー、MotoGPなどのスターを含む、多くのラインアップが控えている」とパストラーナ

■ナイトロ・ラリークロス2022-23暫定カレンダー

ラウンド 開催日 開催地
Rd.1 6月18~19日 イギリス/リデンヒル
Rd.2 7月30~31日 スウェーデン/TBA
Rd.3 8月27~28日 フィンランド/TBA
Rd.4 10月1~2日 アメリカ/ミネアポリス
Rd.5 10月29~30日 アメリカ/ロザンゼルス
Rd.6 11月12~13日 アメリカ/フェニックス
Rd.7 12月10~11日 サウジアラビア/TBA
Rd.8 2023年1月21~22日 カナダ/ケベック
Rd.9 2月4~5日 カナダ/アルバータ
Rd.10 TBA アメリカ/TBA

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS