勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

ARAレイク・スペリオル、スバルのブランドン・セメナックが優勝で初タイトルを獲得

関連記事

選手権リーダーのケン・ブロックがクラッシュと波乱の展開に

米国の国内ラリー選手権、アメリカン・ラリーアソシエーション(ARA)は最終戦レイク・スペリオール・パフォーマンスラリー(グラベル&ターマック)が10月14〜15日にミシガン州で開催され、スバル・モータースポーツUSAのブランドン・セメナック(スバルWRX STI)が優勝。自身初の米国タイトルを獲得しました。

ポイント争いでは、9月に開催されたサスケハノックでフーニガン・レーシングディビジョンのケン・ブロック(ヒョンデi20 WRC)に首位を奪われた形で今季の最終戦を迎えたセメナック。このイベントでも序盤6SSではブロックがリードを握り、2番手で追うセメナックに25秒近くの差をつけていました。しかし、SS7の右コーナーでブロックが痛恨のクラッシュ。ブロックは土曜日の再スタートを目指しましたが、サスペンション、フレームのほかロールケージにも深刻なダメージを負っていたため断念し、ラリーリタイアとなりました。

ライバルが戦線離脱したことで、セメナックは2位以上でフィニッシュしパワーステージポイントを獲ればタイトルを手にできる状況となりました。しかし、土曜日のステージでは、セメナックのチームメイト、トラビス・パストラーナが激走を披露。セメナックに29.7秒遅れでこの日を迎えたパストラーナはタイトルの望みは失っていましたが、常にコンペティティブなペースで攻めるスタイルを崩さず序盤で一気にその座を12.2秒にまで詰めてきました。しかし、SS11でパストラーナのマシンにスロットルトラブルが発生。するとセメナックは再びリードを広げ始め、最終的に40.3秒差で優勝を飾り、米国での初タイトルを獲得しました。

「とにかく、今は言葉がありません。この選手権を制したなんて信じられない!」と語るセメナックはカナダ出身。ARAのフル参戦2シーズン目でタイトル獲得を果たしました。

「今回の目標は、ケンのペースについていき、このコンディションで自分たちにアドバンテージがあると感じられるようになるまでプレッシャーをかけ続けることでした。タイトルを獲るにはここで勝たなくてはならないことはわかっていました。チームが今季、このように戦い続けられるマシンを見事に製作してくれたおかげで、自分たちもこのような成果を挙げるチャンスに恵まれました」

パストラーナはイベントを2位でフィニッシュし、スバル勢が1‐2フィニッシュで最終戦を飾りました。パストラーナは、選手権ではブロックに続いての3位でシーズンを終えています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:Subaru of America、AMERICAN RALLY ASSOCIATION USAC Series

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS