勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

ラリー・ジャパン目前に読みたい!日本人唯一のWRC(世界ラリー選手権)勝田貴元選手に迫る電子コミック『勝田貴元物語』(後編)、無料配信がスタート!

関連記事
clicccar.com
「後編」で語られるのは過酷なWRCという最高峰レースのリアルとそこで躍動する人間たちです

ラリージャパンまであと約10日! 日本人ドライバー・勝田貴元選手ストーリーを漫画で無料配信中!

最強日本人ラリードライバーの真実に迫る!『勝田貴元物語』(後編)の無料配信がスタート!

待ちに待ったWRC・FIA世界ラリー選手権「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」の開催がもう間近です。

昨年はコロナ禍の影響で中止となりましたが、いよいよ2022年11月10日(木)〜13日(日)に愛知県/岐阜県で行われます。

運営のラリージャパン事務局では、この大イベントを盛り上げるべく描き下ろされた、マンガ『勝田貴元物語』(後編)の無料配信をスタートしました。FIA世界ラリー選手権(WRC)シリーズにフル参戦している唯一の日本人ドライバーである勝田貴元選手を主人公にした、実録レースコミックの後半部分です。

こちらは、すでに配信されている「勝田貴元物語 前編」(40ページ)と合わせ、『ASB電子雑誌書店』で独占公開となります。

前編に続き、後編が配信スタート!

サファリラリー2日目から始まる「後編」はすでに波乱の予感を孕む緊迫感

「前編」では主人公・勝田貴元選手が少年の日にモータースポーツと出会い、ラリーの世界に入り込んでいく姿と、最高峰WRCのサファリラリーに挑戦する場面で終了しています。

「後編」はまさに、この続きからスタートします。

サファリラリーの厳しい自然と悪路、そして気象条件などを、テクニックと忍耐力とでクリアしながら、世界最高の選手たちと鎬を削ります。タイムを競うSS(スペシャルステージ)を走り切り、じわじわと順位を上げていく勝田選手の走りはまさに“ムネアツ”。

チームのサポートを受け、様々な人々との協力で走り続ける勝田選手が、サファリをどう乗り越えるのか、そしてそこから学んだ自身への気づきとは…。

ぜひこの「後編」から読み解いてください。

ラリー観戦初心者にも分かりやすい解説付き!

常に一番を目指した勝田貴元選手は、自身がいつも突き出していた人差し指の意味に辿り着く

ちなみに、今回もラリーというモータースポーツ競技の中での特異性を、分かりやすく説明するページもあります。ぜひこちらも精読して「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」観戦に向けての予習としてもらえたらと思います。ルールや見どころを理解すればより楽しくレースを見ることがきるでしょう。

分かっているようでよく知らないラリー競技。ラリーのスケジュールからルールまで分かりやすく教えてくれるページも掲載

この作品は、クルマを題材にしたマンガを多数送り出している漫画家・しんむらけーいちろー氏によるもので、とくにレーシングマシンの緻密な表現力は必見です。

また、監修はWRCを筆頭に数々のモータースポーツを精力的に取材している、モータースポーツジャーナリスト&フォトグラファーの古賀敬介氏が手掛けることで、レースのリアルがしっかり描かれているので、コアなファンも大満足の作品と言えるでしょう。

この『勝田貴元物語』(前編)は、「auto sport」などのモータースポーツ誌をはじめとした三栄の電子書籍を配信している<ASB電子雑誌書店>にて無料で読むことができます。こちらのコミックは、会員登録やログインも不要なので、お気軽に楽しむことができます。

この秋に、いよいよ開幕する「ラリージャパン2022」の予習としても、ぜひ読んでおきたい一冊です。

●ASB電子雑誌書店 まんが「勝田貴元物語」はコチラ

Rally Japan 2022【公式マンガ】無料公開

https://www.as-books.jp/news/info.php?no=2199

「前半」に続き「後半」もログイン不要で無料の独占配信をスタート

■漫画家
しんむら けーいちろー(Keiichiro Shinmura)
【勝田貴元物語】しんむらけーいちろー氏
1969年2月9日生まれ。1992年講談社ヤングマガジン 第26 回ちばてつや賞にて最優秀賞受賞。講談社ヤングマガジン 「KING」をはじめ、講談社ミチャオにて「D1グランプリDD」 連載。三栄OPTIONにて「RPM」連載のほか、「D1列伝 川畑真人物語」「D1レジェンド 野村謙自叙伝」を執筆。

■監修
古賀敬介(Keisuke Koga)
1967年8月10日生まれ。モータースポーツジャーナリスト、フォトグラファー。大学時代、夏休みに訪れたフィンランドでWRCを初観戦して感銘を受け、出版社に就職してモータースポーツ専門誌で国内外のカテゴリーを担当。2002年 に独立してフリーランスに。2003年からWRC全戦の取材を開始し、モータースポーツ専門媒体に寄稿している。

■協力:Twin Planning株式会社
■取材協力:レーシングカートショップ ぶるーと/株式会社壱番屋
■Special Thanks:勝田貴元
■印刷/製本:図書印刷株式会社
■企画/発行:ラリージャパン事務局(株式会社サンズ内)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS