勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

WRカーが愛知県庁前を疾走! ラリージャパン1ヵ月前イベント

NEWS & TOPICS

10月2日(日)も11時より愛知県庁前でイベント開催中

10月1日、ラリージャパン事務局はおよそ1ヶ月後に迫ったWRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』を盛り上げる事前PRイベント『1Month to go! RALLY JAPAN!(ワンマンストゥーゴー!ラリージャパン!)』を愛知県名古屋市の愛知県庁前特設会場で開催しました。

自身でもラリー競技を楽しむという古屋圭司・衆議院議員(自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長)のイベント開会宣言の後に行なわれたメディア向け発表会では、観戦チケットを購入できなかったファンにもラリージャパンを楽しんでもらうべく愛知・岐阜県内にパブリックビューイング会場を設定する(名古屋や豊田、岡崎、設楽および岐阜県恵那市内など10カ所以上)ことやラリージャパンを盛り上げるスペシャル応援団に勝田範彦選手および東海地方のテレビ局アナウンサー5名、地元名古屋出身のアーティスト「ソナーポケット」が新たに就任することなどを発表いたしました(HP上には後日掲載いたします)。

トヨタヤリスWRCやスバル・インプレッサWRC(1998年)のデモ走行を始め、それら2台の抽選による同乗走行体験、クラシックカーのパレードラン、ソナーポケットのミニLIVE、勝田範彦選手と新井敏弘選手によるドライバートークショーなどを開催しました。

本日、10月2日(日)も、11時〜18時まで愛知県庁前特設会場で開催中ですので、ご来場ください。

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS