トヨタ博物館で楽しめる日本のWRCヒストリーを飾った名車の数々

NEWS & TOPICS

「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」に展示されたST185はトヨタ博物館の所蔵車両!

1月14日〜16日に千葉県・幕張メッセで開催された「東京オートサロン2022」(主催:オートサロン実行委員会)では、ラリージャパン事務局が「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」ブースを出展しました。そのなかでも特に人気を集めた展示のひとつが、ブース中央に展示された往年のWRC参戦車両の5台でした。

TOYOTA GAZOO RacingのWRC2021年シーズン三冠(ドライバーズタイトル、コ・ドライバーズタイトル、コンストラクターズタイトル)獲得を祝して展示したヤリスWRCの2019(レプリカ)を中心に、輝かしい日本のWRCのヒストリーを思い出させてくれる車両ラインアップとなりました。

そんな展示車両の一台「トヨタ セリカターボ4WD」は、往年のラリーファンには「ST185」と呼んだほうがなじみが深いのではないでしょうか。5代目トヨタ・セリカをベースに開発された競技車両で、ST165に代わり1992年から実戦に投入されました。1992年にはカルロス・サインツが2度目のドライバーズ・チャンピオンを獲得。1993年~1994年には合計12勝を挙げ、ドライバーズ・チャンピオン(ユハ・カンクネン)&マニュファクチャラー・チャンピオンの2冠を獲得しています。展示された車両は、ユハ・カンクネンのドライブにより1993年オーストラリアラリーで優勝した車両です。

2022年4月17日まで企画展「激走!! 2.5次元 ヴゥオオーン!! – WRC 日本車挑戦の軌跡」開催!

このST185はトヨタ博物館に特別にお貸しいただ所蔵車両です。そのトヨタ博物館の文化館2階企画展示室では、2022年4月17日まで企画展「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! – WRC 日本車挑戦の軌跡」を絶賛開催中です。この企画展では、日産、マツダ、三菱、SUBARU、スズキ、ダイハツ、そしてトヨタの代表的なWRC参戦車両をマンガ仕立ての2.5次元イメージの空間で臨場感たっぷりに紹介されています。クルマ好き、ラリー好きの皆様にはぜひご訪問いただき、日本のラリー史に触れていただきたいと思います。

<展示車両>
ダットサン 240Z(1973)/三菱 コルトランサー (1974)/マツダ RX-7(1979)/ダイハツ シャレード(1982)/日産 バイオレット (1982)/トヨタ セリカ ツインカムターボ (1985)/トヨタ セリカ GT-Four (1990)/SUBARU レガシィ(1993)/SUBARU インプレッサ(1996)/トヨタ カローラ WR-Car (1997)/三菱 ランサーエボリューション(2001)/スズキ SX4(2008)

<トヨタ博物館概要>
■住所・・・〒480-1118 愛知県長久手市横道41-100
■会館時間・・・9:30~17:00 (入館受付は16:30まで)
■休館日・・・月曜日(祝日の場合は翌日)12/24(金)~1/3(月)
■料金・・・大人1,200円 シルバー(65才以上)700円/中高生600円 小学生400円
※急遽変更になる場合がありますのでHPをご確認ください
※(消費税込み)団体割引あり ※小学生無料期間:1/4~10、3/19~4/10
※詳細はトヨタ博物館のHPまで。 https://toyota-automobile-museum.jp/

1993年WRCドライバーズランキング

順位ドライバーコンストラクターポイント
1ユハ・カンクネン(フィンランド)トヨタ135
2フランソワ・デルクール(フランス)フォード112
3ディディエ・オリオール(フランス)トヨタ92
4ミキ・ビアシオン(イタリア)フォード76
5コリン・マクレー(イギリス)スバル50
6カルロス・サインツ(スペイン)ランチア50
7ケネス・エリクソン(スウェーデン)三菱41
8アリ・バタネン(フィンランド)スバル38
9グスタボ・トレレス(ウルグアイ)ランチア28
10トミ・マキネン(フィンランド)ランチア28

1993年WRCマニファクチャラー・ランキング

順位マニファクチャラーポイント
1トヨタ157
2フォード145
3スバル110
4ランチア92
5三菱86

(資料提供:トヨタ博物館)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS