Mスポーツが「フォード・レンジャーT1+」を開発し、ダカールラリーに参戦

NEWS & TOPICS

英国と南アフリカのフォード系有力ラリーレイドチームがタッグ

WRCにおいてフォードのワークスチームとして活動するMスポーツは、南アフリカを拠点とする「ニール・ウーリッジ・モータースポーツ(NWM)」と共同でフォード・レンジャーT1+を開発し、ダカールラリー参戦を目指すことを発表しました。

南アフリカのピーターマリッツバーグを拠点とするNWMは、ラリーレイド用マシン開発・製作で世界的に知られたモータースポーツディベロップメント。Mスポーツと同様に、フォードと25年にも及ぶ協力関係を築いています。

今回の共同事業ではMスポーツがNWMの欧州拠点となり、「フォード・レンジャーT1+」のグローバルディストリビューターとして活動。この協力関係は、ダカールラリーへの挑戦だけでなく、ラリーレイドカスタマープログラムを世界的に展開することを目的としています。

今回のパートナーシップ締結により、ダカールラリー参戦と勝利に向けて、両社が持つ技術力とリソースをスムーズに共有することが可能になると見られています。

MスポーツとNWMのパートナーシップは、英国カンブリア州ドベンバイにあるMスポーツの本社を拠点に、カスタマーサポートプログラムを開始することからスタート。Mスポーツは「フォード・レンジャーT1+」のカスタマープログラムから得られたフィードバックを、NWMへともたらすことになります。

最初のNWM製フォード・レンジャーT1+は、5月末にもヨーロッパに到着する予定。その後、すぐにテストやカスタマープログラムの準備が整えられることになります。

Mスポーツのマネージングディレクター、マルコム・ウィルソンは「NWM製フォード・レンジャーT1+には間違いなく高いポテンシャルがあると感じています。今回、南アフリカ滞在中に、息子のマシュー(ウィルソン)がこのマシンをテストしました。ダカール挑戦までには課題がいくつかありますが、ポジティブな経験になりました」と、コメントしています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:M-SPORT

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS