勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

待ちに待ったWRCラリージャパン、シェイクダウンから要チェック! J SPORTSでも無料放送

NEWS & TOPICS
as-web.jp

 いよいよ開幕が間近に迫ったWRC世界ラリー選手権第13戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022。大会初日となる11月10日(木)は9時過ぎからシェイクダウンが予定されており、今戦もWRC公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/wrc)で無料ライブ配信が行われる。

 日本のラリーファン待望の『ラリージャパン』が、北海道で開催された2010年以来、12年ぶりに帰ってくる。この間、新型コロナウイルスの流行によって直近2年で2度の開催中止を挟んでいることもあり、本州は中京地域での初開催を心待ちにしていた人も多いはずだ。

 豊田スタジアムを拠点に、愛知県と岐阜県の両県にまたがって開催される2022年シーズンの最終戦は、10日(木)から13日(日)までの4日間にわたって競技が行われる。すでに7日(月)からは“レッキ”と呼ばれるコースの下見が行われており、開幕は秒読みの段階だ。

 そんなラリージャパン2022でも、今季これまでのラウンドと同様にシェイクダウンのライブ配信が実施される。シェイクダウンとは、競技を直前に控えた段階でマシンのフィーリングの確認や、セットアップの調整などを行うテストセッションのこと。各選手はここで3~5回程度、短いステージを走行しラリーに向けた最終調整を行う。公式YouTubeチャンネルでは、このシェイクダウンでの各車1走目をチェックすることができる。

 また、今回のWRC日本ラウンドで会期中の全SSをライブ中継するJ SPORTS/J SPORTSオンデマンドでも、シェイクダウンが視聴可能だ。さらに、既報のとおりJ SPORTS/J SPORTSオンデマンドは、10日(木)のWRC放送/配信を無料で行うため、セレモニアルスタートとSS1の模様もテレビやPC、スマートフォン、タブレットなどで視聴することができる。

■シェイクダウン ライブ!: WRC FORUM8 Rally Japan 2022(日本語コメンタリー)

 

■Shakedown LIVE | WRC FORUM8 Rally Japan 2022(英語コメンタリー)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS