勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

全日本ラリー選手権最終戦高山、舗装路で圧倒的な強さを見せたコバライネンがシーズン6勝目

国内ラリー

GRヤリス勢による2番手争いは奴田原文雄に軍配

2022年シーズン全日本ラリー選手権第8戦「第49回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2022」が、10月15日(土)~16日(日)に開催され、ヘイキ・コバライネン/北川紗衣(シュコダ・ファビアR5)が、奴田原文雄/東駿吾(トヨタGRヤリス)に16.7秒差をつけてシーズン6勝目を飾りました。22.6秒差の3位には勝田範彦/木村裕介(トヨタGRヤリス)が入っています。

前戦ラリー北海道を終えて、外国人初となる全日本ラリー選手権トップクラス(JN1-1)制覇を果たしたコバライネン。今シーズン絶対的な強さを見せつけてきたターマックで、思う存分にスピードを披露しました。初日は、すべてのステージでベストタイムを刻み、2番手以下に17.3秒差をつけて見せます。

僅差の2番手争いを繰り広げたのは、同じGRヤリスで参戦する奴田原と勝田のふたり。奴田原が4つのSSでセカンドベストをマークし、勝田に3.0秒差をつけて2番手をキープしました。眞貝知志/安藤裕一(トヨタGRヤリス)は、新井敏弘/田中直哉と鎌田卓麻/松本優一のスバル勢を抑えて、首位から35.4秒差の4番手。福永修/齊田美早子(シュコダ・ファビアR5)は、SS1の後半でコースオフを喫し、デイリタイアを余儀なくされています。

17.3秒という大きなアドバンテージを獲得したコバライネンは、最終日も順調なペースで走行を続け、5つのSSでベストタイムを記録。危なげなくシーズン6勝目を手にしています。この後、コバライネンは11月10日にスタートする世界ラリー選手権(WRC)第13戦ラリージャパンに、全日本と同じ体制で参戦する予定です。

「6勝できたことが、本当にうれしいです。アイセロ・チームのみんなには本当に感謝しています。正直、JN-1クラスに参戦した最初のシーズン、自分自身でもこれだけ勝てたことに驚いています。マシンのセットアップに関して、チームは本当にハードワークを続けてくれました。次はラリージャパン、僕にとっても、チームにとっても、ビッグチャレンジになります」と、コバライネンはフィニッシュ後にラリージャパンへの意気込みを語りました。

3.0秒差で最終日を迎えた奴田原と勝田の2番手争いは、コバライネンがスピンを喫したSS8で、奴田原が今回初のベストタイムを奪取。それ以外のステージでも3本のセカンドベストを並べ、勝田との差を13.3秒差に広げ、第2戦唐津以来となる2位表彰台を手にしています。

「今回はミスもなく、うまく走ることができましたね。最終日は何度か危ない局面もありましたが、ペースを落とさずに走り抜くことができて良かったです。今シーズン、クルマを速くしようと続けて来た努力が、最後に結果へと繋がりました」と、奴田原は笑顔を見せています。

勝田のチームメイト、眞貝は4位でフィニッシュ。ジャンプスタートでペナルティを受けた新井をかわした鎌田が5位を得ています。また、唯一タイトルが決定していなかったJN-3クラスは、このラリーを制し、シーズン4勝目を獲得した竹内源樹/木村悟士(スバルBRZ)が、チャンピオンに輝きました。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:Naoki Kobayashi、RALLY PLUS

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS