勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

新王者コバライネン“ほぼ完封”で6勝目。2022年最終戦を勝利で終える/全日本ラリー高山

国内ラリー
as-web.jp

 10月14~16日、2022年のJRC全日本ラリー選手権最終戦『第49回M.C.S.Cラリーハイランドマスターズ2022』が岐阜県高山市を中心に開催され、前戦ラリー北海道でシリーズチャンピオン獲得を決めたヘイキ・コバライネン/北川紗衣組(AICELLOラックDL速心FABIA)が優勝でシーズンを締めくくった。

 第7戦北海道から1カ月以上のインターバルを挟んで行われたシーズンフィナーレは、3年ぶりの有観客開催を実現させたラリーハイランドマスターズ。道の駅モンデウス飛騨位山にサービスパークをが置かれた今大会は、全12本のSS、競技区間の走行距離は約66kmで争われた。

 晴天のなか迎えた初日のレグ1は、3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行するアイテナリーとなり、このSS1~6のすべてでコバライネン/北川組がベストタイムを記録。新チャンピオンが他を圧倒した。

 翌日の最終日も元F1グランプリウイナーのスピードは衰えず。午前中の2本目、SS8で唯一ベストタイムを逃しステージ2番手となったが、続くSS9以降はふたたび最速タイムを並べてみせた。結局、コバライネンは後続に31秒のリードを築いて圧勝。シーズン6勝目で自らの初戴冠を祝ってみせた。

 そのコバライネンに続いたのは、ADVAN カヤバ KTMS GRヤリスを駆る奴田原文雄/東駿吾組。初日のSS2で終えた時点で総合2番手につけた奴田原組は、SS8でベストタイムを刻んだスピードと、すべてのSSで3番手以内に入る安定感を武器にポジションをキープし、総合2位表彰台を獲得した。

 レグ2開始時に奴田原と3秒差の総合3番手につけていた勝田範彦/木村裕介組(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、ラリー後半戦での逆転を狙ったが総合3位でのフィニッシュに。チームメイトの眞貝知志/安藤裕一組(トヨタGRヤリスGR4ラリー)が総合4位で続いた。総合5位はスバルの鎌田卓麻/松本優一組(WinmaX DLシムス WRX STI)だ。

 JN2~JN6クラスの優勝ドライバー/コドライバー、および2022年シーズンのシリーズチャンピオンは以下のとおり。

■2022年JRC全日本ラリー選手権第8戦高山 各クラスウイナー

JN1:ヘイキ・コバライネン/北川紗衣(AICELLOラックDL速心FABIA)
JN2:国沢光宏/木原雅彦(ClioRally5日本名LUTECIA)
JN3:竹内源樹/木村悟士(YH CUSCO 大阪冷研 BRZ)
JN4:西川真太郎/本橋貴司(スマッシュDLモンスターiTZZスイフト)
JN5:大倉聡/豊田耕司(AISIN GR Yaris CVT)
JN6:兼松由奈/保井隆宏(CUSCOコマツヴィッツCVT)

■2022年JRC全日本ラリー選手権 各クラスシリーズチャンピオン

JN1:ヘイキ・コバライネン/北川紗衣(AICELLOラックDL速心FABIA)
JN2:中平勝也/島津雅彦(DL SYMS R-ART 86 R3)
JN3:竹内源樹/木村悟士(YH CUSCO 大阪冷研 BRZ)
JN4:西川真太郎/本橋貴司(スマッシュDLモンスターiTZZスイフト)
JN5:天野智之/井上裕紀子(豊田自動織機・DL・GRヤリスRS)
JN6:海老原考敬/蔭山恵(スマッシュ DL itzz ヴィッツ)

勝田範彦/木村裕介組(TOYOTA GAZOO Racing/トヨタGRヤリスGR4ラリー)
鎌田卓麻/松本優一組(WinmaX DLシムス WRX STI)
JN3クラスで今季4勝目を挙げ、シリーズチャンピオンを獲得した竹内源樹/木村悟士組(YH CUSCO 大阪冷研 BRZ)

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS