勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

2022年JAF全日本ラリー選手権第8戦ハイランド、ショートステージ中心の最終決戦

国内ラリー

寒暖差の激しい秋の飛騨高山はタイヤマネージメントが鍵に

2022年の全日本ラリー選手権はいよいよフィナーレを迎え、10月14~16日、第8戦「第49回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2022」が、岐阜県高山市の舗装路を舞台に開催されます。

2020年大会は新型コロナウイルスの影響により中止、2021年大会は無観客で開催されたハイランドマスターズは、2019年以来の有観客開催を予定しています。今年で49回目の開催を迎える長い歴史を持ち、かつては「カーブレイクラリー」と呼ばれるほど厳しいグラベルラリーとして開催されてきましたが、2008年以降はシーズン終盤のスプリントターマックとして実施されています。

岐阜県高山市のワインディングロードに設定されたステージは、3~6km前後のショートSSが中心。今年のSS総走行距離は65.50kmと、68.46kmで争われた昨年よりもさらに短い距離での戦いとなるため、各クラスともに0.1秒を争う接戦が予想されています。

SSの総距離は短いものの、その路面キャラクターは多岐にわたっています。昨年から新たに加わった「SS1/SS4 千光寺(3.02km)」は道幅が狭くツイスティなテクニカルコース。「SS7/SS10 大山線(5.34km)」は、逆に道幅が広い中速コーナーがメインとなります。

秋開催となることで、早朝に行われるSSと午後に行われるSSの気温差は、実に20度以上になる場合も。天候によっては一気に路面温度が変わることが多く、こうした条件下でタイヤをどのように使うかも、勝負の鍵になるでしょう。さらに突然の降雨など、ドライバーには臨機応変な対応が求められます。

前戦ラリー北海道の時点で、JN-1、JN-2、JN-4、JN-5、JN-6の各クラスはチャンピオンが決定済み。残されたJN-3クラスは、129ポイントの竹内源樹選手(スバルBRZ)を、121.8ポイントの山本悠太選手(トヨタGR86)が追っており、最終戦で決着をつけることになります。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:TOYOTA、RALLY PLUS

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS