勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

全日本ラリー選手権第6戦カムイ、ヘイキ・コバライネンが新井敏弘を突き放し5勝目

国内ラリー

今季初のグラベルラリーでコバライネンが快走

2022年シーズン全日本ラリー選手権第6戦「2022 ARKラリー・カムイ」が、7月9日~10日に開催され、ヘイキ・コバライネン/北川紗衣(シュコダ・ファビアR5)が、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)に13.5秒差をつけて、シーズン5勝目を飾りました。23.6秒差の3位には勝田範彦/木村裕介(トヨタGRヤリス)が入りました。

開幕から5戦連続で行われたターマックラリーに続き、今季初のグラベルラリーとして行われたのは、北海道・ニセコ町を拠点とするラリー・カムイ。SS1を制したのは、シュコダ・ファビアR5で初のグラベルラリーに挑んだコバライネンでした。しかし、続くSS2では今シーズンはここまで未勝利の新井がベストタイムを刻み、コバライネンをかわしてトップに立ちます。

サービスを挟んだ午後のセクション、「序盤は慎重に入って、少しずつペースを上げたい」と語っていたコバライネンがSS3とSS4で連続ベスト。これで新井をパスし、9.1秒差をつけて首位で初日を折り返しました。

初日を終えた段階で11.1秒のアドバンテージを得たコバライネンは、2日目のオープニングとなったSS5でベストタイムを記録しました。ところが、続くSS6では茂み入った際に草がラジエターに詰まり、オーバーヒートからエンジンがパワーダウン。このステージだけでベストの新井から11.9秒も遅れてしまいます。これで首位コバライネンと新井の差は一気に1.3秒にまで縮まります。

新井に迫られたコバライネンでしたが、続くSS7は鎌田卓麻/松本優一(スバルWRX STI)に続くセカンドベスト。さらに、サービスを挟んだSS8、SS9と連続ベストを刻み、新井を突き放しました。最終のSS10もステージウインを獲得した福永修/齊田美早子(シュコダ・ファビアR5)に0.8秒差の2番手タイムで締めくくり、終わってみれば新井に13.5秒差をつけて、ファビアR5でのグラベル初勝利を手にしています。

「まずは素晴らしいマシンを用意してくれたアイセロ・チームには感謝しています。ラリー前にグラベルでのテストを設定してくれたことで、自信を持ってラリーに挑むことができました。ただ、グラベルでのドライブは改善点が多いと感じました。ターマックほどグラベルは簡単にいかないと実感しています」と、コバライネンは勝利にも反省点を口にしました。

優勝にこそ手が届かなかったものの、新井は初日に首位も走行。シーズン初の表彰台に「グラベルなのではなんとかしたいと思って、最初からプッシュしました。やはりR5は速かったですね。いきなり難しいステージを走行すれば、先行できますが、2回目の走行でヘイキはしっかり上げてくる。それでも一度はトップにも立てましたし、いいフィーリングはつかめました」と、笑顔を見せています。

昨年に続くカムイ2連覇を狙った勝田は、3位という結果に「前戦モントレーでリタイアしていたので、少し安全に行きすぎてしまいました。マシンの進化にドライバーとして、合わせこむことができなかったのが残念です」と、悔しさをのぞかせました。

最終ステージでコバライネンから僅差ながらもベストタイムを奪った福永は、鎌田の追い上げを振り切って36.5秒差の4位を獲得。以下、39.2秒差の5位に鎌田、39.7秒差の6位に奴田原文雄/東駿吾(トヨタGRヤリス)が続いています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:Naoki Kobayashi、Jun Uruno

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS