勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

グラベルでも速いコバライネン。第6戦ラリー・カムイで今季5勝目をマーク/全日本ラリー

国内ラリー
as-web.jp

 JRC全日本ラリー選手権第6戦『ARKラリー・カムイ』が7月8日から10日にかけて、北海道虻田郡ニセコ町を拠点に開催され、ヘイキ・コバライネン/北川紗衣組(AICELLOラックDL速心FABIA)が優勝。2022年シーズン5勝目を挙げた。

 9日(土)と10日(日)の二日間で都合10本のSS、合計距離69.3kmで争われた今戦は、今季最初のグラベル(未舗装路)イベントとして実施された。ドライコンディションとなった初日のレグ1は2本のステージを各2回走行するスケジュールで行われ、7.28kmから3.64kmに短縮されたオープニングのSS1では、コバライネンがいきなりトップタイムを叩き出した。

 続くSS2は新井敏弘/田中直哉組(富士スバル AMS WRX STI)がベストタイムをマーク。総合でもトップに立ったが、以降のステージではふたたびコバライネンがスピードを発揮し、再走ステージのSS3とSS4で最速タイムを記録するとともにトップを奪い返す。初日を終えた段階で、2番手につけた新井とのギャップを9.1秒に拡げてみせた。

 スタート前の降雨の影響で路面が湿った状態での戦いとなったレグ2は、SS5~10が行われた。総合2番手でこの日を迎えた新井はSS6で今大会2度目のステージウインを飾り、コバライネンに対し1.3秒差に迫る。

 その後も攻めの走りで今季初勝利を目指した新井だったが、午後のループでは今季4勝のフィンランド人ドライバーが反撃に転じる。ステージ優勝2回、2番手タイム1回といずれも新井のスバルWRX STIを上回り、最終的にはリードを13.5秒に拡げてフィニッシュし今季5勝目を飾った。

 敗れた新井は今季自己最上位の2位。総合3位にはTOYOTA GAZOO Racingの勝田範彦/木村裕介組(トヨタGRヤリスGR4ラリー)が続いている。4位争いは最終ステージまでもつれ、SS10でベストタイムをマークした福永修/齊田美早子組(アサヒ☆カナックOSAMU555ファビア)が逃げ切りに成功。鎌田卓麻/松本優一組(WinmaX DLシムス WRX STI)が2.7秒差の5位、そこから0.5秒という僅差で奴田原文雄/東駿吾組(ADVAN カヤバ KTMS GRヤリス)が6位となった。

 ラリー・カムイにおけるJN2からJN6までの各クラスウイナーは以下のとおりだ。

JN2クラス:中平勝也/島津雅彦(DL SYMS R-ART RALLY TEAM)
JN3クラス:山本悠太/立久井和子(SammyK-oneルブロスYHGR86)
JN4クラス:須藤浩志/新井正和(スマッシュBRIGコマツYHスイフト)
JN5クラス:渡部哲成/小藤桂一(カヤバ DUNLOP CVT Yaris)
JN6クラス:海老原考敬/蔭山恵(スマッシュ DL itzz ヴィッツ)

 全日本ラリー選手権の次戦第7戦『ラリー北海道』は9月9日から11日にかけて、北海道帯広市を拠点に開催される。同大会は今戦カムイに続く“グラベルラリー2連戦”の第2ラウンドだ。

新井敏弘/田中直哉組(富士スバル AMS WRX STI) 2022全日本ラリー第6戦ラリー・カムイ
新井敏弘/田中直哉組(富士スバル AMS WRX STI) 2022全日本ラリー第6戦ラリー・カムイ
勝田範彦/木村裕介組(トヨタGRヤリスGR4ラリー) 2022全日本ラリー第6戦カムイ

勝田範彦/木村裕介組(トヨタGRヤリスGR4ラリー) 2022全日本ラリー第6戦カムイ

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS