ラリージャパンを盛り上げてくれるボランティアの募集を開始します

2022年JAF全日本ラリー選手権、6戦目は北海道の「カムイ」

国内ラリー

今シーズン初のグラベルイベント

2022年シーズン全日本ラリー選手権第6戦「2022 ARK ラリー・カムイ」が、北海道虻田郡ニセコ町を拠点として、7月8~10日に開催されます。

今シーズンは開幕戦新城以降ターマック(舗装)イベントが続いてきましたが、第5戦モントレーでひと区切り。このカムイは、今シーズン初のグラベル(未舗装)ラリーとして開催されます。

サービスパークは昨年と同じニセコアンヌプリ国際スキー場の駐車場に置かれ、ここを拠点にコンディションの良好なグラベルステージを走行します。

ステージは初日に4SS、最終日に6SSが設定され、総走行距離は78.34km。初日に11.91km、2日目に10.29kmという、比較的距離の長いSSも用意されています。観戦エリアは公式サイトから事前申し込みとなり、初日の「SS1/SS3 BEECH」、最終日の「SS5/SS8 NEW SUN-RISE」に設定されました。なお、ギャラリー観戦は、事前にお申込みいただいた方のみの入場となっています。

ドライバーズ選手権争いは、5戦中4勝を記録したヘイキ・コバライネンが103ポイントを獲得し、2位以下に大差をつけて独走中。コースオフを喫してサスペンションを破損、リタイアした第3戦久万高原以外は、すべてのラリーで圧倒的な強さを見せており、シュコダ・ファビアR5で初めて挑むグラベルラリーで、どのような走りを見せるのかに注目が集まっています。

ランキング2番手につける勝田範彦にとって、カムイはトヨタGRヤリスで初勝利を決めたゲンの良いイベント。所属するTOYOTA GAZOO Racingは、シーズン初のグラベルラリーに向けてテストを実施しました。また、前半のターマックラリーでは厳しい戦いを強いられていたスバル勢の新井敏弘、鎌田卓麻(写真)はグラベルを得意としており、挽回が期待されています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:TOYOTA、RALLY PLUS

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS