ラリージャパンを盛り上げてくれるボランティアの募集を開始します

全日本ラリー選手権第5戦モントレー、サバイバル戦を制したコバライネンが4勝目

国内ラリー

トヨタの眞貝知志が自身初のJN-1クラス表彰台を獲得

2022年シーズン、FIAアジア‐パシフィックラリー選手権(APRC)アジアカップ第2戦/全日本ラリー選手権第5戦「MONTRE 2022」が6月11日~12日に開催され、ヘイキ・コバライネン/北川紗衣組(シュコダ・ファビアR5)が優勝しました。APRCは、初ターマックラリーとなったマイケル・ヤング/エイミー・ハドソン組(トヨタC-HR)が2位、青山康/竹下紀子組(スバルWRX STI)が3位となりました。

今大会は特別規則によりAPRC部門の参加者であっても全日本ラリー選手権のポイント取得が可能に。これにより、全日本部門ではコバライネンがシーズン4勝目、眞貝知志/安藤裕一組(トヨタGRヤリス)が自身最上位フィニッシュとなる2位、最終日のトラブルを乗り越えた柳澤宏至/加勢直毅組(トヨタGRヤリス)が3位に入っています。

新たに群馬サファリパーク内にサービスパークを置いた2022年のモントレーは、有観客での開催を実現。セレモニアルスタートも実施され、サービスパークに隣接する駐車場には物販・展示ブースが設けられたラリーパークも設置されました。

ラリー初日、泥やギャップが存在する荒れた路面に多くのクルーが苦しめられ、パンクやアクシデントが続出。JN-1クラスは、SS1でベストを刻んだ新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)がSS2でクラッシュ、同じステージでは奴田原文雄/東駿吾(トヨタGRヤリス)が駆動系トラブルでリタイアを決めています。さらに、続くSS3では勝田範彦/木村裕介(トヨタGRヤリス)がコースオフにより、ラリー続行を断念しました。

ポイントリーダーのコバライネンも、SS2で左フロントタイヤをパンクし、1分以上のタイムロスを強いられます。ところが、SS3でトップに立った福永修/齊田美早子(シュコダ・ファビアR5)も、SS5で右フロントタイヤをパンク。SSの途中でタイヤ交換を余儀なくされ、4分以上の遅れを喫して首位から脱落することに。これでトップに立ったコバライネンは、19.65kmを走行するSS6では2番手以下に30秒以上の大差をつける圧倒的なベストタイムをたたき出し、大差をつけて全日本トップ、APRC部門でも首位を独走する形で初日を終えました。

1分21秒2差の2番手はSS5でセカンドベストを刻み、前を行く柳澤をパスした眞貝。1分32秒1差の3番手には久々の実戦となった柳澤、1分48秒3差の4番手は三枝聖弥/石田裕一組(スバルWRX STI)が続いています。

21.92kmのロングステージを含む4SSを走行する最終日も、コバライネンは3度のベストタイムを記録し、前戦丹後に続くシーズン4勝目を獲得。さらに併催されたAPRC部門も制し、FIA格式イベントでの初優勝も手にしました。

「初日はウエット混じりのかなり難しいコンディションでした。今日はドライになって、気持ちよく走れました。ウエットからドライ向けにマシンのセッティングを調整してくれたチームに、あらためてお礼を言いたいです。そして、APRCを制したことで、僕にとっては初めてラリーのFIA格式イベントでの勝利になりました。自分の成果を実感できて、本当にうれしいです」と、コバライネンはフィニッシュ後に笑顔を見せました。

熾烈を極めたのは、眞貝と柳澤による2番手争い。この日のオープニングとなったSS7で眞貝が初ベストを刻むと、SS8では柳澤が眞貝を大きく上まわり、その差は一気に0.4秒にまで縮まりました。ところが続くSS9、SS10では、トラブルが発生した柳澤とのタイム差を広げた眞貝が2位でフィニッシュ。自身、JN-1クラスでの初表彰台を獲得しています。

「最終日は、とにかくミスをしないように走りました。まずはフィニッシュできてホッとしています。今回は初めて使うステージもあり、マージンを取るという僕の戦略がうまくハマったと思っています」と、眞貝は喜びを噛み締めるように語りました。

3位の柳澤は「色々なトラブルもあって、最後は満身創痍でした。GRヤリスをドライブするのは久しぶりでしたが、かなり乗りやすくなりましたね」と、安堵の表情で振り返っています。4位には前日の8番手から大きく順位を戻した福永が入っています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:TOYOTA、RALLYPLUS.NET

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS