サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

全日本ラリー選手権第4戦丹後、安全に走り切ったコバライネンがシーズン3勝目

国内ラリー

奴田原との僅差のバトルを制した勝田が3位表彰台

2022年シーズン全日本ラリー選手権第4戦「YUHO RALLY TANGO supported by Nissin Mfg」が5月20~22日に開催され、ヘイキ・コバライネン/北川紗衣(シュコダ・ファビアR5)が、福永修/齊田美早子(シュコダ・ファビアR5)に45.1秒差をつけて勝利を飾りました。56.6秒差の3位には勝田範彦/木村裕介(トヨタGRヤリス)が入っています。

前戦の久万高原、自身のドライビングミスからリタイアに終わったコバライネンは「絶対にミスをせずに完走を目指す」と語ってスタート。それでも、今回もSS1からSS3まで連続ベストタイムを刻み、ラリーをリードします。  

サービスを挟んだSS4はわずか0.1秒ながらも、奴田原文雄/東駿吾(トヨタGRヤリス)が今回初のベストタイムを記録。コバライネンはそれに動揺することなく、続くSS5とSS6でベストタイムを並べ、2番手の奴田原に合計21.2秒の差をつけて初日を終えました。

久万高原ではギヤボックストラブルに悩まされた奴田原は、福永を2.7秒抑えての2番手。 SS3でスピンを喫したものの、首位から23.9秒差の3番手でまとめた福永は、最終日に2位浮上を狙います。24.0秒差の4番手は勝田、46.4秒差の5番手には後半のセクションでデフトラブルに見舞われた鎌田卓麻/松本優一(スバルWRX STI)が続いています。

首位のコバライネンは、前日の逆走となった最終日の6SSすべてでベストタイムを記録。終わってみれば、2位福永との差を45.1秒に広げて、第2戦唐津以来となるシーズン3勝目を飾りました。 

「とてもいいラリーになりましたね。最終日は気温が上がったことで、タイヤのグリップレベルが向上し、走りやすかったです。今回はとにかくプッシュしすぎないように、フィニッシュすることを心がけました。久万高原の後、しっかりクルマを準備してくれたチームには本当に感謝しています」と、コバライネンは喜びを語りました。  

福永はSS7でコバライネンに続くセカンドベストを刻み、2番手に浮上。その後もポジションを譲ることなく2位でフィニッシュ。

奴田原と勝田は最終日をとおして熾烈な3番手争いを展開します。サービスを挟んだSS10、勝田はコバライネンに続く2番手タイムを刻むと、奴田原をパスして2番手に浮上。残りのステージで奴田原を突きはなし、3位表彰台を手にしました。

奴田原は首位コバライネンから1分6秒8、勝田から10.2秒差の4位。1分42秒7差の5位は、表彰台争いに絡むことができなかった鎌田。1分57秒7差の6位に眞貝知志/安藤裕一(トヨタGRヤリス)、2分21秒4差の7位に新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が入りました。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:TOYOTA、RALLYPLUS.NET

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS