サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

全日本ラリー“今季初リタイア”のコバライネン、クラッシュ後はラッピに相談

国内ラリー

「ミスがないのは攻めていないということ」とラッピ

5月1日にフィニッシュした全日本ラリー選手権第3戦久万高原ラリーにおいて、リタイアに終わったヘイキ・コバライネン。実はクラッシュの後、WRCで活躍するエサペッカ・ラッピや勝田貴元にアドバイスを仰いでいたことが明らかになりました。

コバライネンは、今シーズンから全日本ラリー選手権のトップカテゴリーJN1クラスに、シュコダ・ファビアR5で参戦しています。開幕戦新城(愛知県)、第2戦唐津(佐賀県)とすべてのスペシャルステージでベストタイムを記録し、圧巻の2連勝を達成。さらに第3戦久万高原(愛媛県)でもスタートから2連続ベストタイムを刻み、順調にトップを快走していました。

ところが、続くSS3でドライビングミスから右リヤサスペンションにダメージを負ってしまい、その後リタイアを余儀なくされました。

F1で勝利経験を持ち、SUPER GTではタイトルも獲得しているコバライネンですが、ファビアR5に乗り換えてから、大きなミスは今回が初めて。リタイア後は母国フィンランド出身のラッピ(写真)に相談したそう。

「自分のミスにはガッカリしたけど、忘れることにしました。セバスチャン・ローブやセバスチャン・オジエにだって、何かが起こることはあるわけですからね。実はリタイアした日の夜、エサペッカ・ラッピに連絡を取って、話をすることができました」と、コバライネン。

「エサペッカは『誰だってミスをするもの。ミスをしたことがないのであれば、それはちゃんと攻めていないということ』と教えてくれました。また、貴元さんも同じように『ミスは誰にだってあるもの』とメッセージをくれました。あらためて、さらに上のWRCレベルを目指すのであれば、もっとプッシュして、限界値を上げていく必要があると実感しています」

協力:RALLYPLUS.NET 写真::Naoki Kobayashi、TOYOTA

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS