【動画】スバル、鎌田卓麻組WRX STIが4位入賞。全日本ラリー第2戦唐津

国内ラリー
as-web.jp

 4月7日、スバルは今月1日から3日にかけて佐賀県唐津市、および伊万里市で開催されたJRC全日本ラリー選手権第2戦『ツール・ド・九州2022 in 唐津』のダイジェスト動画を、YouTubeの公式チャンネル“SUBARU On-Tube”で公開した。

 開幕戦新城からわずか1週間のインターバルを挟んで行われた2022年シーズン第2戦唐津。スバル勢は引き続き、鎌田卓麻/松本優一組(WinmaX DLシムス WRX STI)と新井敏弘/田中直哉組(富士スバル AMS WRX STI)が最高峰クラスのJN1に参戦し総合優勝を目指した。

 前戦、クラッシュを喫しリタイアとなった鎌田組はオープニングステージで3番手タイムを記録する好調な出だしを見せ、初日を総合4番手で終える。翌日のレグ2では表彰台獲得を目指してライバルを追うも一歩及ばず、総合4位フィニッシュとなった。

 鎌田はイベント後、「タイムが出るところと苦手なところ、その違いやクルマのバランスなど、良いデータが取れたと思います」とコメント。

「この4位という結果は現状のクルマのスピードを表した結果だと思います。良いところは上位にいけているので、ネガな部分を改善していくことができれば、勝負はできると思っています」

総合6位でフィニッシュした新井敏弘/田中直哉組(富士スバル AMS WRX STI) 2022全日本ラリー第2戦唐津
総合6位でフィニッシュした新井敏弘/田中直哉組(富士スバル AMS WRX STI) 2022全日本ラリー第2戦唐津

 

 一方、車両のセットアップを曲がりやすい方向に変更した今戦に臨んだ新井は、初日レグ1を鎌田と0.5秒差の総合5番手につけた。しかし、最終日は前日から見直した車両セットアップがマッチせずに後退。最終的に5位と1.1秒差の総合6位でラリーを終えた。

「前戦と比べてクルマ自体の進化は感じました」と語った新井。

「今後も重箱の隅をつつくしかないですね。テストで色々と試してみようと思いますが、やはり実戦でないと分からない部分もあります。次のラリーまで約1カ月あるので、セットアップを詰めて次戦に臨みます」

全日本ラリーの次戦第3戦『久万高原ラリー』は4月29日~5月1日、愛媛県上浮穴郡久万高原町を拠点に開催される。

全日本ラリー「ツール・ド・九州2022」ダイジェスト / SUBARU WRX STI

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS