2022年全日本ラリー選手権、2戦目は佐賀県の「ツール・ド・九州2022 in 唐津」

国内ラリー

クルーのコンビネーションが重要となる舗装路ラリー

2022年の全日本ラリー選手権は第2戦「ツール・ド・九州2022 in 唐津」(ターマック)が、佐賀県唐津市で4月1〜3日に開催されます。このラリーは、春爛漫の風景をラリーカーが疾走する場面を見ることのできる映像美にも優れたイベント。サービスパークは、唐津市内にある「ボートレースからつ」の駐車場に設定されます。この施設は最近大規模工事が行われ、新スタンドの1階は地域住民が利用できる文化・レジャーのコミュニティエリアとなっています。

ラリーのスペシャルステージは、比較的中低速で、アップダウンが激しいコースが連続。出口の先が見えない複合コーナーが多いため、ペースノートの精度や、コ・ドライバーがノートを読み上げるタイミングなど、ドライバーとコ・ドライバーのコンビネーションが重要となります。ラリーは、2日間合わせて10SS、合計67.80kmのステージが設定され、リエゾンを含めた競技の総走行距離は291.32kmとなります。4月2日(土)のみ事前応募制での観戦エリアが設けられていますが、当日の受付も行う予定とのこと。最新情報は主催者のウェブサイト等でチェックしてください。

開幕戦新城ラリーでは、今季からJN-1クラスに出場するヘイキ・コバライネン選手(シュコダ・ファビアR5)が全ステージでベストタイムをマークするという衝撃的な優勝を飾り、第2戦の唐津でも同じ勢いを見せることができるか注目が集まります。一方、新城ラリーで2位に入った福永修選手(ファビアR5)は2021年大会を制しているほか、現在の全日本チャンピオン、勝田範彦選手(トヨタGRヤリス)は過去このラリーで12連覇という記録も残しています。勝田選手の唐津13連覇を阻止した奴田原文雄選手(GRヤリス)、新城ラリーで序盤素晴らしいペースを披露した鎌田卓麻選手(スバルWRX STI)、新井敏弘選手(WRX STI)もエントリーしています。

今年からJN-1クラスには性能調整の規定が導入され、前戦で首位〜3位に入ったコバライネン選手、福永選手、勝田選手には、各車両の最低重量に対しそれぞれ30kg、20kg、10kgの重量が加算されます。性能調整の影響は、優勝争いにどのような影響を与えるのでしょうか。JN-1クラスの戦いは、今回も目が離すことができそうにありません。

協力:RALLYPLUS.NET 写真: RALLYPLUS.NET

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS