常に冷静、そして
運命的なチームとの出会い

トミ・マキネン – Tommi Makinen

1964年フィンランド・プッポラ出身。WRCデビューは87年1000湖ラリー。マツダ、日産、三菱、スバルでWRCに出場。1996~1999年WRCドライバーズチャンピオンを4連覇。2003年現役引退。現・トミ・マキネンレーシング、トヨタ・ワールドラリーチーム代表。

1999年サンレモラリーに出場し優勝したマキネン(三菱ランサー・エボリューション6)

トミ・マキネンは、1985年中古のフォード・エスコートを手に入れ21歳でラリーにデビューした。87年にはグループNのランチア・デルタHF 4WDでWRC1000湖ラリー(現・ラリーフィンランド)にデビュー。クラスでトップ争いするもリタイアしたが、その速さが注目され88~89年はフィンランドとイタリアを中心にランチア・デルタで活動した。90年はユハ・カンクネンらの支援によりグループN三菱ギャランVR-4でWRC5戦に出場。91年はマツダ・ラリーチームヨーロッパ(MRTE)からワークスマツダ323 GTXで、92年には日産ラリーチームヨーロッパ(NME)からサニー(パルサー)GTI-RでWRCに出場するが、日産がWRCから撤退したことでワークスのシートを失なう。93年にはアストラレーシングのランチア・デルタHF インテグラーレでWRCに出場。94年の1000湖ラリーではワークスフォード・エスコートRSコスワース4×4で出場しWRC初優勝。その後WRCサンレモラリーに、三菱ラリーアートヨーロッパから三菱ランサーエボリューションIIで出場する。

95年からは三菱ラリーアートヨーロッパ(MRE)から三菱ランサーエボリューションII&IIIでWRCとアジア-パシフィックラリー選手権に出場しWRCはシリーズ総合5位に。この年のドライバーチャンピオンはコリン・マクレーだった。以降もマクレーとはライバルとしてWRCでタイトル争いを繰り広げた。

当時マキネンは、三菱ランサーエボリューションに搭載するアクティブ4WDの開発にも深く携わりたびたび来日していた。その合間には95年に封切られたジャッキー・チェン主演映画「デッドヒート」に、三菱の契約ドライバー役のジャッキー・チェンのスタントドライバーとして登場している。

トミ・マキネンは、自ら開発を担当し熟知したランサーエボリューションを駆り、96年~99年までWRCドライバーズチャンピオンを獲得した。マキネンはテストを通じてマシンのドライビングを変化させた。フィンランド人ドライバーはグラベルラリーだけが得意と思われていた中で、モンテカルロやカタルーニャのようなターマックでも勝利を得た。マキネンと三菱は、運命的ともいえる当時最高の組み合わせだった。

97年のWRCは大幅な改造が認められ、三菱を除く他メーカーはワールドラリーカーを使っていたが、三菱は市販車ベースのグループAランサーエボリューションで戦っていた。しかし三菱とマキネンは、2000年にはプジョー206WRCで出場したマーカス・グロンホルムにタイトルを奪われ、グループAベースでは太刀打ちできなくなっていた。マキネンは2002年に、スバル・ワールドラリーチームに移籍し開幕戦モンテカルロラリーで優勝。そしてこれがマキネンWRC最後の優勝となった。

2002年スバル・ワールドラリーチームに移籍したマキネン

引退後はトミ・マキネンレーシングを設立、ラリーカーの製作・ラリー運営を行なっている。2015年にトヨタがWRC復帰を発表した際にはトヨタガズーレーシング・ワールドラリーチームの代表として就任することも発表された。2018年にはWRCマニュファクチャラーズタイトル獲得、2019年にはWRCドライバーズタイトルを獲得し、ラリー・ジャパンが開催される今季はダブルタイトル獲得を目指している。

2020年東京オートサロンのトヨタガズーレーシングブースでファンミーティングに参加したマキネン

トミ・マキネン WRC勝利の記録

回数 イベント名 コ・ドライバー マシン
1994 1000湖ラリー セッポ・ハルヤンネ フォード・エスコートRSコスワース4×4
1996 スウェディッシュラリー セッポ・ハルヤンネ 三菱ランサーエボリューションⅢ
1996 サファリラリー セッポ・ハルヤンネ 三菱ランサーエボリューションⅢ
1996 ラリーアルゼンチン セッポ・ハルヤンネ 三菱ランサーエボリューションⅢ
1996 1000湖ラリー セッポ・ハルヤンネ 三菱ランサーエボリューションⅢ
1996 ラリーオーストラリア セッポ・ハルヤンネ 三菱ランサーエボリューションⅢ
1997 ポルトガルラリー セッポ・ハルヤンネ 三菱ランサーエボリューションⅣ
1997 ラリーカタルーニャ セッポ・ハルヤンネ 三菱ランサーエボリューションⅣ
1997 ラリーアルゼンチン セッポ・ハルヤンネ 三菱ランサーエボリューションⅣ
10 1997 ラリーフィンランド セッポ・ハルヤンネ 三菱ランサーエボリューションⅣ
11 1998 スウェディッシュラリー リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅣ
12 1998 ラリーアルゼンチン リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅤ
13 1998 ラリーフィンランド リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅤ
14 1998 サンレモラリー リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅤ
15 1998 ラリーオーストラリア リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅤ
16 1999 ラリーモンテカルロ リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅥ
17 1999 スウェディッシュラリー リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅥ
18 1999 ラリーニュージーランド リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅥ
19 1999 サンレモラリー リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅥ
20 2000 ラリーモンテカルロ リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューションⅥ
21 2001 ラリーモンテカルロ リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューション6.5
22 2001 ポルトガルラリー リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューション6.5
23 2001 サファリラリー リスト・マニセンマキ 三菱ランサーエボリューション6.5
24 2002 ラリーモンテカルロ カイ・リンドストローム スバル・インプレッサWRC01

WRCレジェンド・ドライバー TOP

Silver Partner

  • 三井住友海上火災保険株式会社

Bronze Partners

  • 株式会社アクトホールディングス
  • 株式会社チェリオジャパン
  • 株式会社イープラス
  • プーマ ジャパン株式会社

Official Supporters

  • 株式会社 JTB
  • 株式会社タマディック

Media Partners

  • 株式会社中日新聞
  • 東海テレビ放送株式会社
  • 株式会社CBCテレビ
  • 中京テレビ放送株式会社
  • メ〜テレ
  • テレビ愛知株式会社
  • 株式会社CBCラジオ
  • 東海ラジオ放送株式会社
  • 株式会社エフエム愛知
  • 株式会社ZIP-FM