ミッドシップターボ4WD
ラリーのスーパーカー

公認用の限定モデルの205T16は市販車に比べると前後のオーバーフェンダーが目立つ。ミッドシップには1.8ℓ DOHCターボエンジンが横置きに搭載され、リヤの大型ダクトの中にはインタークーラーが置かれる

1981年、タルボ・サンビームロータスでWRCに出場してタルボのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したジャン・トッドはコ・ドライバーを引退し、新設されたプジョー・タルボスポーツのディレクターに就任した。トッドは就任後すぐに、来るべきグループB時代に備えたラリーカーの開発に取り掛かった。それはM24ラリーと呼ばれたプロジェクトだった。81年のWRCにはターボ4WDのラリーカー、アウディ・クワトロが出場し、オールマィティの活躍を見せた。将来のWRCにおけるラリーカーの方向性を示したマシンだった。

ラリーカーの存在意義は、市販車と共通するアイデンティティを持つことだ。新型マシンも205のイメージを持ちながら、4WD機構と、ターボエンジンを搭載したマシンとして計画された。そしてアウディ・クワトロとは異なり、理想的な性能を引き出せるミッドシップレイアウトを採用した。1983年に発表されたプジョー205は、FF 2BOXのコンパクトカー、そのイメージをトップカテゴリーのマシンに投影したのだ。グループBの車両公認台数は200台の生産が必要で、プジョーは、ミッドシップにターボエンジンを搭載した4WDの市販車を販売した。205T16に搭載された1.8ℓDOHCエンジンは、当時のターボ係数1.4を掛けると排気量が2500㏄以下になるため、最低重量が900㎏まで下げられたからだった。

205T16ラリーカーの透視図でミッドシップの構造が分かる。スペアタイヤはフロントボンネット内に1本、サファリなど2本のタイヤを積む時は、ルーフ上に搭載した

84年のツール・ド・コルスが205T(ターボ)16のデビュー戦となった。すでにシーズン初めよりWRCに出場しているランチア037、アウディ・クワトロ、ルノー5ターボ、オペル・アスコナの中で、205T16がどんなパフォーマンスを見せるか注目が集まった。プジョーのドライバーは81年のWRCチャンピオン、アリ・バタネンとジャン-ピエール・二コラ。ラリーを序盤リードしたのはランチアのマルク・アレンだったが、トラブルで後退。代わってトップに立ったのはバタネンがドライブする205T16。ラリー中にステージが降雨に見舞われるとプジョーのリードは広がった。

ミッドシップターボ4WDラリーカーは革新的すぎると思われていたが、その心配も払しょくされた。SS20でバタネンはコースアウトしリタイア、ニコラが4位に入ってデビュー戦は終えた。続くアクロポリスではエンジントラブル、ドライブシャフトトラブルで2台ともリタイアしたが、リタイアするまでのスピードには目を見張るものがあった。ドライバーのラインナップにあった205T16の初優勝は1000湖ラリーだった。バタネンは51あるSSのうち31を制する圧勝だった。また、プジョーが採用した前後のトルク配分を替えられる4WD、トルクスプリットシステムの優秀性も証明された。バタネンはその後、サンレモとRACに優勝。84年のマニュファクチャラーズタイトルとドライバーズチャンピオンは、アウディとスティグ・ブロンクビストが獲得したが、WRCの潮流は大きく流れが変わった。

デビュー戦となったツール・ド・コルスのパルクフェルメ。隣にはランチア037ラリーが並ぶ

85年開幕戦モンテカルロ、続くスウェーデンでもバタネンが優勝。ポルトガルはチームメイトのティモ・サロネンが優勝した。サファリとツール・ド・コルスはとりこぼしたものの、アクロポリスから1000湖までサロネンが4連勝を飾ると、プジョーがマニュファクチャラーズタイトルを獲得、サロネンも5勝を挙げてドライバーチャンピオンを獲得した。この年ツール・ド・コルスでは、エボリューションモデルE2がデビューした。エンジン出力も350馬力から450馬力へ向上。またサンレモではパワーステアリングを採用。しかしライバルのランチアもRACで037に代わるデルタS4をデビューさせ、優勝。86年はプジョーとランチアの戦いがより激しくなると予想された。なお、アルゼンチンでバタネンが大クラッシュ、重傷のため現役復帰まで1年半かかってしまった。

シーズン半ばにはエボリューションモデルが投入され、1000湖までには7勝を挙げた。サンレモでサロネンは2位に。大型のリヤウイングが目を引く

86年プジョーvsランチアの戦いでチームの救世主となったのは、トヨタから移籍したユハ・カンクネンだった。スウェーデン、アクロポリス、ニュージーランドで優勝。1000湖ではサロネンが優勝し迎えたランチアの地元イタリアのサンレモラリー。ランチアとプジョーがトップ争いをする中、突然205T16 E2に失格が言い渡される。主催者からサイドスカートが公認を受けない空力不可物として認定されたからだ。その結果サンレモはランチアのマルク・アレンが勝利、アレンは最終戦オリンパスラリーでも優勝すると、選手権ポイントも最高点を獲得しタイトルを獲得したかに見えたが、FIAから「サンレモのプジョーへの判定は無効」として参加全チームのポイントもノーカウントとなったため、アレンのチャンピオンは霧消した。代わってタイトルを獲得したのがカンクネンだった。

ボディ横下のパーツが違法とされ、いったんは失格の裁定が下ったものの、その後サンレモのポイントがノーカウントとなり、カンクネンのタイトルが確定

ツール・ド・コルスで発生した事故により、WRCは86年でグループBの出場を止めることが決まっていたため205T16 E2の活躍の場はラリーレイドに移った。87年のパリ~ダカールラリーにバタネン、シェッカー・メタが出場しバタネンが205T16GR(グランレイド)が優勝。続いて同年のパイクスピーク・ヒルクライムにバタネンが出場するも、バルター・ロールのアウディ・クワトロS1に敗れた。

以後プジョーがWRCに帰ってくるのは、1995年のF2キットカー306マキシまで待つしかなかった。

現役復帰したバタネンが出場し、優勝したパリ~ダカールラリー

アメリカ・コロラド州パイクスピーク・ヒルクライムに出場したプジョー205T16だったが2位に。フロントウイングも大型化しているが、リヤはWウイングとなっていた

プジョー205ターボ16 WRC優勝の記録

イベント名 ドライバー コ・ドライバー マシン
1984 1000湖ラリー A.バタネン T.ハリマン プジョー205T16
1984 サンレモラリー A.バタネン T.ハリマン プジョー205T16
1984 RACラリー A.バタネン T.ハリマン プジョー205T16
1985 モンテカルロラリー A.バタネン T.ハリマン プジョー205T16
1985 スウェデイッシュラリー A.バタネン T.ハリマン プジョー205T16
1985 ポルトガルラリー T.サロネン S.ハルヤンネ プジョー205T16
1985 アクロポリスラリー T.サロネン S.ハルヤンネ プジョー205T16 E2
1985 ニュージーランドラリー T.サロネン S.ハルヤンネ プジョー205T16 E2
1985 アルゼンチンラリー T.サロネン S.ハルヤンネ プジョー205T16 E2
1985 1000湖ラリー T.サロネン S.ハルヤンネ プジョー205T16 E2
1986 スウェデイッシュラリー J.カンクネン J.ピロネン プジョー205T16 E2
1986 ツール・ド・コルス B.サビー J-F.ファシー プジョー205T16 E2
1986 アクロポリスラリー J.カンクネン J.ピロネン プジョー205T16 E2
1986 ニュージーランドラリー J.カンクネン J.ピロネン プジョー205T16 E2
1986 1000湖ラリー T.サロネン S.ハルヤンネ プジョー205T16 E2
1986 RACラリー T.サロネン S.ハルヤンネ プジョー205T16 E2

Silver Partner

  • 三井住友海上火災保険株式会社

Bronze Partners

  • 株式会社アクトホールディングス
  • 株式会社チェリオジャパン
  • 株式会社イープラス
  • プーマ ジャパン株式会社

Official Supporters

  • 株式会社 JTB
  • 株式会社タマディック

Media Partners

  • 株式会社中日新聞
  • 東海テレビ放送株式会社
  • 株式会社CBCテレビ
  • 中京テレビ放送株式会社
  • メ〜テレ
  • テレビ愛知株式会社
  • 株式会社CBCラジオ
  • 東海ラジオ放送株式会社
  • 株式会社エフエム愛知
  • 株式会社ZIP-FM